“ドコモスマホから楽天モバイル “

ドコモスマホからもうちょっと安いものと考える時、やっぱり楽天モバイルなら安心感を持つことが出来ます。みなさんが既に知っている会社、それが楽天です。

楽天モバイルは、ドコモの回線を利用しているのから、繋がりに不安要素などないのです。いつでも安心してインターネットライフを過ごすことが出来ます。5分以内かけ放題オプションが登場し更にお得です。

楽天モバイルを使用している人たちは、どんな感想をお持ちなのでしょうか。楽天モバイル 通話SIM 3.1GBプランを利用している人は、可もなく不可もなしという感想をお持ちのようです。しかし、思っている以上に通信速度は早いと感じ、これならストレスなく使用し続けることが出来ますとのことです。もう一人楽天モバイル 通話SIM 3.1GBプランを契約している人は、 とにかく毎月の料金が、三分の一にまで下げることが嬉しいとのことです。一回だけでなく、毎月の引き落としに対して、私達は、やっぱり真剣に考えていかなければなりません。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Recent articles

ファーウェイ、「honor6 Plus」「P8lite」「P8max」をAndroid 6.0に

ファーウェイ、「honor6 Plus」「P8lite」「P8max」をAndroid 6.0に。ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーのスマートフォン「honor6 Plus」と「P8lite」「P8max」の3機種に対し、Android 6.0 MarshmallowのOSアップグレードを提供します。Twitterの同社公式アカウントにて、3機種のユーザー向けに先行アップデートテスターを募集しているのです。Android 6.0バージョンアップは6月30日に提供を開始する予定で、あわせて独自UI「EMUI」もバージョン4.0に更新されます。OSアップグレードを一足先に体験できる「先行アップデートテスター」は、ファーウェイがTwitter公式アカウントで公開しているフォームより申し込めます。応募期間は4月30日~5月15日。募集人数は各機種200名で、応募者多数の場合は抽選となります。応募の際に端末のシリアル番号(IMEI)を入力する必要があります。当選者には、5月16日に、端末にソフトウェアアップデートの通知が配信され、そのままOSをアップグレードできるのです。alcatelの「IDOL 3」が今夏Andorid 6.0にTCLコミュニケーションは、alcatelブランドのスマートフォン「alcatel IDOL 3」に、Android 6.0 MarshmallowのOSバージョンアップを提供すると発表しました。提供は2016年夏頃となる予定で、実施方法は別途案内されるとのことです。「alcatel IDOL 3」は、2015年8月に発売されたSIMロックフリーのスマートフォン。当初「ALCATEL ONE TOUCH」のブランドで提供されていたが、2016年2月に「alcatel」ブランドに改称されています。
 

バッテリーの劣化を防ぎ長生きさせるコツ

バッテリーはあくまで消耗品ですから、どうやって使っても少しずつ劣化していくことは避けられません。しかし、正しい知識を持って使えば、劣化を遅らせることができるのです。バッテリーにはいくつかの種類がありますが、ここではスマホのバッテリーやモバイルバッテリーで使用される、リチウムイオン電池を前提に説明します。皆さんはバッテリーの充電がどれくらい減ったタイミングで充電しているでしょうか?完全にゼロになってから充電、50%ぐらい減ってから充電、使っていない時は常に充電、この中で、最も充電池の寿命を縮めるのは実は最初のゼロになってからの充電です。驚いた人はニカド電池(ニッケル・カドミウム蓄電池)のイメージで充電してしまっているのです。ニカド電池は継ぎ足し充電によるメモリー効果(継ぎ足し充電をよく行う残放電容量付近で放電電圧が低下し、利用機器によっては容量が減少したように誤認する現象)が顕著に現れるため、できるだけ充電をゼロにしてから充電するほうが良いとされていました。しかし、リチウムイオン電池ではメモリー効果はほとんど発生しないので、継ぎ足し充電することはそれほど問題になりません。むしろ、充電をゼロにしてしまう方が、充電池を劣化させてしまいます。(ただし、製品によっては購入後数回は充電をゼロにしてから充電するよう指示されているものがありますので、その場合はメーカーの指示に従ってください)電圧制御が正しく行われずに充電ゼロを超えて過放電になると、電池が異常発熱を起こす恐れがあります。充電をゼロにすると、こういったリスクがあるのです。
Gear VRをのぞけば、360°あなたの世界

Bluetoothの「Happy Hacking Keyboard」

Bluetoothはバージョン3.0のHIDプロファイルに対応していで、Windows、Mac、iOS、Androidで使用できます。4台までペアリング可能ですが、キーボード側から機器の切り替えはできないので、使い分けるには機器側の電源オンオフで対応するしかありません。背面にはディップスイッチがあり、Fnやaltキー割り当て、BSとするかDelとして使うかなどの細かい設定ができるようになっています。筆者はHHKを使うのがこれが初めてです。常々店頭で触っては、「これが無線だったら……」とため息をついていたのです。実際に使ってみて、噂にたがわぬ使用感に舌を巻いています。とにかく入力は快適です。力を入れなくても自然にキーが押し込まれる感覚は比類ありません。そして比類ないといえば、変態度も、です。コンパクト化するために、Fnキーを使わないと入力できないキーがとにかく多いのです。そのうえキートップではなくキーの手前側に機能が印刷されているので、入力したいキーを探して手が迷うのは有線モデルから変わりません。打鍵音は大きめで、無線だけにモバイル環境でも使いたくなるのですが、TPOは選ぶ必要があるでしょう。静音モデルであるType-Sの無線化にも期待したいところです。メーカーによる直販限定で、価格は2万9700円(税込)と性能に見合った額だといえます。
 

ドコモスマホ ブルーライトに注意

ドコモスマホに依存しすぎた生活って、実際にかなり怖い生活かもしれません。スマートフォンのLEDディスプレィや照明のブルーライトが多く発せられており、みなさんがドコモスマホを使用すれば使用するほど、多くブルーライトを浴びてしまうことになります。

このブルーライトが問題なのです。みなさんがブルーライトを浴び、そこには、紫外線に最も近い強いエネルギーがあり、色素沈着が起き、それは、紫外線で起こる色素沈着よりも全然強力であって、残り続ける事が段々と分かってきたのです。

あなたの肌は、ブルーライトによって病んでしまっているのかもしれません。本当に、要注意です。

私達は、このブルーライトにどのような対策をしなければならないのでしょうか。ブルーライトカット用のメガネというものも販売されているようです。ブルーライトからお肌を守るランコムのCCクリームというものも販売されているようです。

ブルーライト軽減アプリの使用、 そしてスマホなど、使用する時間を制限するということも段々と考えていかなければならないのです。

iPhone SEと6sの指紋認証、速度はどれだけ違う?

iPhone SEに搭載されているのは、最新版ではない「第1世代Touch ID」です。iPhone 6sなどに採用されている第2世代と比べて、どれくらい認証速度に差があるのか試してみました。3月31日に発売された「iPhone SE」には、指紋認証で画面ロックを解除できる「Touch ID」が搭載されています。しかしこれは、iPhone 6sや6s Plusに搭載されている最新の「第2世代Touch ID」ではなく、旧機種であるiPhone 6などに採用されていた「第1世代Touch ID」なのです。第2世代と第1世代の違いは、認証の速度と精度です。第2世代ではさらに高速・高精度に進化しています。実際にiPhone 6から6sに乗り換えたユーザーからは、「一番違いを実感できたのはTouch IDの性能だった」という声も聞くのです。そこで今回はiPhone SEとiPhone 6sで、認証速度の実験をしてみました。電源ボタンを押して待ち受け画面を表示した状態と完全にスリープの状態のそれぞれから、ロック解除を試しました。いずれもほんの少しだけ(本当にわずかな差なのですが)左のiPhone 6sの方が、ホーム画面が表示されるのが早いのです。使い始めれば何千回、何万回と繰り返す操作であるだけに(特に現在iPhone 6s/6s Plusを使っていた人がSEへの乗り換えを検討しているのなら)、実際の使用感は慎重に検証した方がいいでしょう。
 

新アプリ「FREETELでんわ」 

通話1分、5分はかけ放題。プラスワン・マーケティングは、新アプリ「FREETELでんわ」を3月25日より提供します。こちらは店頭パッケージを通じて提供されるもので、相手先の電話番号の前に、特定の番号を付け加える、いわゆるプレフィックス型の通話サービスとなります。限定10万パッケージで、最大1200円分の割引特典も付属する。パッケージ価格は980円(税込)です。利用料は、1分かけ放題で月額399円(税抜、以下同)、5分かけ放題で月額840円。既存サービスとして月額利用料は無料ながら、通話料が半額(30秒20円→10円)になる「いつでも半額」もあわせて利用できます。IP電話ではないため、通話品質も高いと同社ではアピールしています。5GB付きの音声通話対応プラン(月額2220円)と5分かけ放題を組み合わせれば、月額3060円で利用できるのです。接続料改定「関わりはない」毎年春になると、NTTドコモなどが接続料を改定し、値下げされれば、それがMVNOにとっては、より安い通信サービスを提供したり、通信量を増やしたりする原資となることがあります。一方、今回のFREETELの取り組みは「そうした動きとは関係がない」(増田氏)とのことで、独自性を打ち出すための取り組みだということです。

ミニゲームをプレイして、特殊な着せ替えアイテムをゲット

アンサーしたり、“フレンドを1人登録する”などあらかじめ決められた“ミッション”をこなすことで、アプリ内でMiiの着せ替えアイテムなどを購入するのに使えるMiitomoコインや、ミニゲームのプレイチケットなどと交換できるポイントを獲得できることがあります。稼いだMiitomoコインを使ってプレイできるのは、「おとしてMii」というゲームです。Miiを画面の上から落とし、Miiが止まった場所にある着せ替え用アイテムなどをゲットできるというルールで、ピンボールのようにMii が弾んで落ちていくさまを見ているだけでも面白いです。ちなみに着せ替えアイテムはMiiコインを消費して購入することも可能です。Miiからの質問には答えてあげましょう。アンサーするとMiitomoコインがもらえることもあります。さらにミッションクリアでアイテム交換に使えるポイントをもらえます。Miitomoコインやゲームチケットでミニゲーム「おとしてMii」をプレイ。うまくアイテムのあるところに止まればそのアイテムをゲットできるようになります。着せ替えアイテムはMiitomoコインで購入も可能です。Miiのポーズを変えながら、多彩なスタンプ画像や好きな背景画像を組み合わせて写真風の画像を作ることができる「Miiフォト」という機能もあり、作成した画像はTwitter、Facebook、Instagram、LINEなどに直接投稿可能です。アンサーに対して友達からハートをつけてもらうなどして“人気ランク”を上げたり、着替えて“ファッションランク”を上げたりといった成長要素的な仕組みもあり、自分なりのこだわりをもってプレーできそうです。

SoftBankスマホとセットでお得にしちゃう?電力自由化の様々な割引とは?

電力自由化はニュースになっていて話題ですが、まだ電気会社を変えましたという人は少ないようです。

やはり新しいものは手が出しにくいという人も多いですし、これまで電気会社を比べるということをしたことがないので、何を基準に選んでいいのかわからないですよね。

まずそもそも電気料金を現在の会社でもお得にする方法もあります。支払いをカードにするのです。

毎月の支払いをカードにしてポイントを貯めるんです。還元率1%以上のカードも年会費無料で沢山ありますので、これは切り替えた方が良さそうです。

特にカードにしなくても自動的にポイントがつく会社もあります。東京電力は新料金プランにすればTポイントやポンタポイントもつきます。またエネオス電気などもポイントがつきますね。

有名どころのソフトバンク電気もTポイントが貯まりますし、さらに携帯電話やスマホと組み合わせれば割引も受けられます。

どんなプランがあるのか詳しく調べるとその料金自体だけで見えないお得ポイントもあったりしますよ。

せっかくの電力自由化で私たちはその恩恵を受ける権利があります。未知のものに切り替えるのは勇気がいるかもしれませんが、是非まずはどんなものが自分の地域で利用できるのが調べてみるだけでも損はしないと思いますよ。

” 運がつくスマートフォン”

スマートフォンをみなさんいい感じで楽しんでいるようです。いえいえ、スマートフォンというペットを一日連れているということはやっぱり大変なのです。

トイレの中でもスマートフォンをしたいという人たちは多い。しかし、ついつい手が滑ってトイレにドボンという人たちが、結構多いようです。

スマートフォンはとにかく手に馴染むというよりは、手からツルリと滑らせるケースが非常に多いのです。

私、スマートフォンを手からツルリとやっちゃったと堂々と武勇伝のように言える場所と言えない場所があります。

防水のスマートフォンは、奇跡的に助かるのかもしれませんが、そのようなスマートフォンを内緒で、友だちに、ねえねえ、このアプリ面白いよなんていい、友だちに触らせている自分はいないでしょうか。

一度トイレにドボンなら許せても(許せませんが)そのような人たちは、結構何度もトイレにドボンしていたりします。

それは運がつくスマートフォンかもしれませんが。

http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

歯磨きを「やらなくちゃ」から「やりたい」へ変える『G・U・M PLAY』

歯磨きが面倒という方は多いと思います。朝起きた時は眠たいし、夜は疲れているもの。だからといって歯磨きしないで寝ると虫歯や歯槽膿漏になってしまいます。そのうえ歯医者に行くと必ずと言っていいほど「1日3回、もしくは朝夜の2回磨いてくださいね」と言われます。「やらなくちゃ」という義務感で歯磨きをしている人がどれだけ多いことか…そこでサンスターが歯磨きを「やらなくちゃ」から「やりたい」へ変えるスマート歯ブラシ『G・U・M PLAY』(ガムプレイ)を発売しました。手持ちの歯ブラシにアタッチメントを装着するだけで歯ブラシの動きを認識し、スマートフォンに歯磨きデータを送信するというデバイスなのだそう。自分の歯磨きの癖を客観的に見ることができるから「自分の歯磨きってこうだったんだ」と気付けると思います。G・U・M PLAYの機能は、『マウスチェック』と『マウスログ』。マウスチェックは、サンスター財団に所属する歯科衛生士監修のもと、ユーザーの歯磨きがどれだけ理想的かを採点してくれます。一方のマウスログは、歯磨きデータをクラウド上に記録&蓄積し、分析する機能となっているそう。ちなみに値段は5000円。主な販売はオンラインショップですが、二子玉川の蔦屋家電など一部実店舗でも取り扱っています。これが本当に歯磨きをやりたいと思わせてくれるかどうかは分かりませんが、オーラルケアの意識は高くなりそうだと感じました。