ゲーミングスマホ選びで余裕がある場合はチェックしたほうがよい項目

“ゲーミングスマホ選びといっても、CPUなどの処理性能だけでなく、次のような要素も見ていると、より高品質なゲーミングスマホを選べるようになります。
まず、音ゲーなど音質にこだわっているのであれば、「サウンド機能」をチェックするようにしましょう。ちなみに、サウンド機能にこだわりのないゲーミングスマホの場合、サウンド機能の項目に機能名などがあまり記載されていません。
具体的には、「ハイレゾ音源対応イヤホンが付属している、**chサラウンドシステム搭載」といった、このような音源に対するオプションが多く載っているものほど、音ゲーなどとも相性の良いゲーミングスマホとなります。
このような機能ありの場合、「音が立体により近い形で出力される」ようになるのです。音ゲーの場合、このようなサラウンドシステム対応と案内されているものもあり、サラウンドシステムが無しの場合は迫力があまり伝わってこないゲームも少なくありません。
次に、「ゲームプレイをアシストする機能の有無」をチェックしてみましょう。有名なアシスト機能では、「ゲームプレイ中にプレイ動画を録画できる機能」、「ゲームプレイ中に動作が重くなるのを未然に防ぐ機能」などが有名です。ゲーミングスマホの中には、LINEなど「SNSからの通知を控えめに表示する機能」までありますので、一般的なスマートフォンよりもゲーミングスマホのほうが、圧倒的にゲームプレイ中の操作性は高いです。
そして、最後にゲーミングスマホのバッテリー容量をチェックしましょう。安いゲーミングスマホを選んでしまうとバッテリー容量でミスをすることが多く、ひどいケースではバッテリーの充電にかかる時間が、従来の倍以上・・・という悲惨なケースもあります。
バッテリー容量の目安ですが、ゲーミングスマホであれば「3000mAh以上はほしい」ところです。モバイルバッテリーありでゲームプレイすることが多い場合は、「急速充電対応、独自の充電方式を採用している」かもチェックしておきましょう。このようなシステムを導入しているメーカーでは、充電時間が短いだけでなく、省エネルギー化も目指していることが多いため、ゲーミングスマホの負担が格段に減ることも少なくありません。
ゲーミングスマホの価格についてですが、最新ゲームをプレイするつもりではないのであれば、HUAWEI、OPPO、docomo(Xperiaシリーズ)、Samsungが提供しているミドルレンジモデルで、処理性能が高いものを選ぶのも手です。というのも、高いものでも5万円を切る良質なものが増えてきていること、そして今では、ミドルレンジモデルの販売競争が過熱化していることもあり、「1万円、もしくは2万円の値引きキャンペーンあり」のスマートフォンが増えてきたからです。
ただし、このようなリーズナブルなゲーミングスマホを選ぶ場合は、「自分がプレイしたいゲームが動作するかをチェックしてから購入する」ようにしましょう。ミドルレンジモデルの中には、RAM、もしくはグラフィック処理に問題を抱えていることもあるので、こちらも確認した上で購入したほうが無難です。”東京オリンピックコロナの中無地に行われますように。Samsung Galaxy Gold Partner of the Tokyo 2020 Olympics

— Read the article in full

Recent articles

実は幅広い!5G対応スマートフォンのメリット

“生活のために5G対応スマートフォンを購入するか検討している人が、今では日増しに増えているような状況です。
というのも、4G対応スマートフォンではインターネットをフル活用することが難しく、一度でも5G対応スマートフォンに触れると、その遅さが気になってしまうからです。実際に、5G対応スマートフォンには次のようなメリットがあるので、これからますます人気になるのは当然かもしれません。
まず5G対応スマートフォンは、5Gによってデータ通信が高速化するため、例えば、「1GB以上のアプリでも数秒でダウンロードすることが可能」なのです。人によっては、そもそも1GB以上のアプリなんて使っていないので、無理に5G対応スマートフォンを使用しないでもよい・・・という意見はあります。ですが、近年のアプリゲームなどアプリは容量が大幅に高まっているため、そろそろ4G対応スマートフォンでは動作が遅い、不安定になると言われているのです。
しかも5G対応スマートフォンは特別高いわけではありません。安いものであれば5万円を切るものも増えていますし、中華スマホでは3万円台の5G対応スマートフォンも増えてきました。このような背景があるので、あえて5G対応スマートフォンに乗り換えている人が増えているのです。
その他のメリットでは、「オンラインゲームが最適化される」メリットもあります。オンラインゲームは日増しにユーザー数が増えているゲームの一種で、オンラインゲームを楽しむためには高速通信に対応している機器が必要です。そこで注目されるようになったものが5G対応スマートフォンなのです。
今では、大容量をともなうオンラインゲームが増えているため、有線であってもラグが発生することがあります。しかし5G対応スマートフォンであれば、このような心配も減るので、オンラインゲームユーザーから支持されるようになりました。
その他のメリットでは、「利用者が急増した場合も通信が安定する」メリットがあります。これは4G対応スマートフォン、5G対応スマートフォンで比較するとよくわかるのですが、イベント会場や観光地などネット接続が盛んな場所では、中々インターネットを使えずにイライラすることがあります。
また、これからは各イベントでもインターネットを介したコンテンツが増えると言われているので、こちらも考慮に入れると、今のうちに5G対応スマートフォンを購入して慣れておくのは賢い対応と言えるでしょう。”

TORQUE 5G Coleman LIMITED

“コールマンと京セラがコラボした新しいスマートフォン「TORQUE 5G Coleman LIMITED」をご紹介します。アウトドア用品を販売する人気ブランド、コールマンと人気の京セラがコラボしたスマートフォンとは一体どんなスマホなのか、今から気になっている方も多いと思います。新しいスマホに買い替えを検討されている方、アウトドアでも安心して使えるスマホをお探しの方も是非参考にしてください。それではデザインやスペック、値段など詳しくみていきましょう。
まず、デザインですが本体にはColemanのシンボルカラーでもあるレッドをベースにColemanらしいカモフラージュ柄を取り入れたおしゃれなデザインになっています。また今回、Colemanが120周年を迎えるということでオリジナルの壁紙やColemanのアプリもプリインストールされています。キャンプ好きな方、アウトドアを楽しみたい方、Colemanがお好きな方は是非チェックしてみてください。
また京セラのTORQUEらしいゴツゴツとしたデザインも健在です。サイズは、5.5インチのFHD+にIPS液晶画面を搭載、小さいながらも4000mAhの大容量バッテリーを搭載している点はさすが京セラです。またバッテリーは取り外し可能なので、充電しやすいといったメリットもありますね。
他にも最新のOSであるAndroid11を搭載している点や、6GBのメモリーに128GBのストレージ搭載なのでアプリのダウンロードや写真撮影、動画撮影も問題ありません。コンパクトなサイズながら十分な容量を備えているので、アウトドア用としてお探しの方にもおすすめします。
ただし、重量が248gあるので慣れるまではずっしりとした印象を持つ方も多いかもしれません。その点だけ注意して選んでみてくださいね。
発売は、KDDIの沖縄セルラーの直営店もしくは、auのオンラインショップとなります。今から確実に手に入れたいという方は、2021年3月17日から5月5日の期間限定で予約販売が実施されるので是非チェックしておきましょう。
この機会に、人気の京セラとアウトドア用品を扱うColemanのコラボ商品「TORQUE 5G Coleman LIMITED」を是非試してみてはいかがでしょうか。デザイン性はもちろん、スペック、持ち運びやすさにもこだわって作られた一台となっています。”

ゲーマーにも◎!AQUOS R5G

“スマホゲームを楽しみたい方にとって、画面の美しさや操作性、タッチしてから反応するまでの時間など細かいところが気になる方も多いかと思います。もし今お使いのスマートフォンがプレイ中に画面がカクつく、途中でとまってしまうといった症状があれば是非この機会に新しいスマートフォンを検討してみませんか。今回は、人気のAQUOSシリーズから待望の5G通信に対応した「AQUOS R5G」が登場したのでこちらをご紹介したいと思います。画面の美しさはもちろん、使いやすさ、操作性にこだわってデザインされた一台となっています。それでは詳しくみていきましょう。
まず、外観ですが前モデルであるAQUOS R3と比べると幅は1mmと高さが6mm増加しているだけなので、手に持った感じはほとんど変わりません。それでいて、高速通信5Gに対応しIGZOディスプレイ搭載という点はまさに今までのAQUOSシリーズの中でもなかったモデルといえます。本体の厚みをほとんど変えずに、中の性能をアップさせるということはそれに比例して、不要なものを取り除かなければなりません。そうした意味で、AQUOS R5Gはより必要な機能を優先し、スマホゲームを楽しみたい方がより快適に操作、プレイできるように考えられて作られたスマートフォンと言えますね。
ちなみにIGZOディスプレイの素晴らしい点は、一般的な液晶ディスプレイと比較すると分かります。液晶ディスプレイの場合、一秒間に約60回の書き換えを行います。これが60Hzと表示されるものです。それに対し、IGZOディスプレイは1秒間に120回の書き換えを行っています。また画面が静止している時には、液晶アイドリングストップといって書き換えを毎秒1回に抑えることで、無駄な消費を防ぎなめらかで美しい映像と、消費電力の抑制を両立を実現しています。これにより、ゲームをしていない時も無駄にバッテリーが消費されることを防いでくれるので一日中長持ちするという仕組みです。
もし、今お使いのスマートフォンのバッテリーがすぐになくなってしまう、プレイすると大量に電池がなくなってしまうという方は、一度チェックしてみてください。
また一度プレイしてみると分かるのですが、まるで画面に吸い付くようなスクロールする画面のレスポンスははまってしまう方が続出しています。この快適さは一度ハマってしまうと抜け出せないかもしれません。
是非、スマホの買い替えを検討している方、ゲームプレイを快適に楽しめるAQUOS R5Gを候補として考えてみてはいかがでしょうか。”

ハイスペックモデル! Galaxy Z Fold2 5G

“最近では様々なandroidスマートフォンが発売されていますが、価格やスペック別にみると大きく三つのモデルがあります。気軽に購入できるエントリーモデルから、ミドルレンジモデル、ハイスペックモデルとなります。今回はその中でも、最もスペックの高いハイスペックモデル「Galaxy Z Fold2 5G」をご紹介したいと思います。スマホの使い方にも慣れてきたり、そろそろレベルの高いスマホを使ってみたいなという方におすすめします。また普段から3Dゲームをしたり、速さ、処理性能の高いスマホをお探しの方は是非参考にしてみてください。ハイスペックモデルになると、価格も10万円ほどが相場となります。この辺りも含めて検討してみてくださいね。
Galaxy Z Fold2 5Gは、「フォルダブルディスプレイ」という折り畳み式を採用したスマホの中でも珍しいデザインです。折りたためば一般的なスマートフォンですが、広げると7.6インチのメインディスプレイになるので小さなタブレットのように使うことができます。普段動画を見たり、映画を見る方、大きな画面で楽しみたいという方におすすめします。
最近では、オンラインでの会議が増えておりスマホを使って仕事をしている方も増えてきています。Galaxy Z Fold2 5Gは、ノートパソコンのように机において使えるので、スマホを持ちがながら使わなくても操作できるハンズフリーのビデオ通話や動画を撮影したい、という時にも非常に便利です。他スマートフォンでは、スタンドを別途で用意したりと準備に時間がかかりますが映画や動画も、自分の好みの角度で楽しめるので場所を選ばずどこでも好きな時に好きな場所で視聴することができます。もしタブレットの購入を考えている方は、折りたためばスマホとして使えるので携帯性も抜群のGalaxy Z Fold2 5Gも検討してみてください。
ただし広げた時のディスプレイが7.6インチあるので、それなりに重量があります。282gなので一般的なスマホと比べると100g程度重くなっているので、毎日使うものとして考えると使いにくいと感じる方もいると思います。タブレットを持ち歩くことを考えたら便利ですが、普段の使い方を考えながら選んでみましょう。
4500mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、一日使う分には問題ありません。また1200万画素のトリプルレンズを搭載しているので撮影も楽しむことができます。
本体価格は定価で購入すると10万円以上しますが、auのお得な「かえトクプログラム」対象商品となっているので安く購入することができます。もし試してみたいなと思った方は、是非候補の一つとして検討してみてくださいね。”

やっぱりすごい!Galaxy S20

“カメラ性能を重視してみたいという皆さんに今回は、「Galaxy S20」をご紹介したいと思います。Galaxy Sシリーズといえば、ハイスペックで高価なスマートフォンというイメージがある方も多いと多いでしょう。今回ご紹介するS20は、Galaxy S10の後継機モデルでSamsungが設計から開発、製造、発表、発売までを行って作られたスマートフォンです。本体価格は10万円程ですが、ドコモでは「スマホおかえしプログラム」が適用されれば5~6万円で購入することができます。他にもauの「かえトクプログラム」を使って購入すれば実質6万8,000円ほどで購入できるのでもし購入を検討している方は、是非参考にしてください。
ちなみにGalaxy S20シリーズは、6.2インチのGalaxy S20、6.7インチのGalaxy S20+、6.9インチのGalaxy S20 ultraがあります。画面サイズがそれぞれ異なるので、持ち運びやすさで選んだり操作性、画面の見やすさなどお好きなサイズを選んでみるといいですね。
全体的にノッチがなく、シンプルなパンチホールディスプレイになっている点が魅力です。更に前回のGalaxy S10よりもベゼルが狭くなっているので、同じ画面でも見える範囲が広がったことでより迫力のある映像を楽しめます。またリフレッシュレートが120Hzなので、かくかくすることなく非常に滑らかな映像を楽しめます。スマホでゲームをされる方、スピード感を求める方、スムーズに操作できるスマホをお探しの方も是非候補として検討してみてくださいね。
そしてGalaxy S20はどれも「アイケアディスプレイ」といって美しい色彩はもちろん、ブルーライトを低減してくれるのでスマホの見過ぎで眼精疲労を起こしたり、睡眠障害を予防してくれる効果があります。特にスマホの画面を長時間みることが多い、という方はこういった目を優しく保護してくれるディスプレイケアが搭載されたスマートフォンはおすすめです。仕事柄、スマホを使ったお仕事をされている方も是非参考にしてみてください。
カメラ機能を重視される方には、クアッドカメラが搭載された「Galaxy S20 ultra」か「Galaxy S20+」をおすすめします。S20シリーズはどれも、スーパー補正機能が搭載されているのでカメラ撮影に慣れていない方でも簡単に綺麗な写真が撮れる点も魅力の一つです。
バッテリー容量もGalaxy S20で4000mAh、S20+は4500mAh、S20ultraは5000mAhとなっているので迷っている方はバッテリー容量で選んでみてもいいですね。
是非、この機会に「Galaxy S20」を参考にしてみてはいかがでしょうか。”

ブルーライトカット!HUAWEI P40 Pro

“スマートフォンを長時間見ていると、どうしても目が痛くなってしまうことがあります。そんな時は、目に優しいブルーライトカットの「HUAWEI P40 Pro」を参考にしてみてください。6.58インチと大画面ながら、画面内に指紋認証機能が備わっているので凸凹した凹凸もありません。また、画面をタッチしてから反応するまでのスピードも前モデルと比較すると30%ほど向上しているので更に使いやすくなっています。
最近では、ゲーム以外にも早押し機能など様々な機能が求められるようになり、反応するまでの時間は短ければ短いほど使いやすいです。普段、ゲームをしないという方でも、やはり画面をタッチしてから反応するまでに時間がかかってしまうと使いにくさを感じてしまうので、一度使ってみるといいですね。
また気になるカメラは、クアッドカメラで4つのレンズが搭載された今人気のデザインになっています。暗闇でも綺麗な写真を簡単に撮れる点が魅力です。特に暗闇では、光が不足しやすいので白光や黒とびが発生することがありますが、HUAWEI P40 Proなら撮影中のそういった心配もいりません。またHUAWEI P40 Proは、スーパーズームペリスコープデザインというコンパクトなボディながらも、複数のレンズを入れることで目には見えないところまではっきりと映し出し、鮮明な映像を実現します。ちなみに前モデルよりも、光を取り込む量が40%以上アップしているので、かなり明るく映してくれます。
また、クアッドカメラの素晴らしさは、写真の美しさだけでなく動画にも現れています。例えば、ウルトラスローモーションビデオ搭載なので時間を遅らせてその時にしか撮れない貴重な時間を残すことも可能です。スマホで撮影を楽しみたい方、色々な撮り方を楽しみたい方に是非おすすめします。
またスマホでゲームをよくされる方、90Hzのリフレッシュレート搭載なので滑らかでスムーズな操作性を実現しています。また本体には、超薄型の冷却システムが搭載されているのでスマホを長時間使った時に、熱が本体にたまらないよう効率的に放熱してくれます。そのため、スマホが発熱して使えないといったトラブルを防いでくれます。長時間使うことが多い方、発熱が心配な方もこれなら安心して使えますね。もし迷ったときは、こうした発熱機能が搭載されているかチェックしてみるといいですね。
4200mAhの大容量バッテリー搭載、最大27Wのスーパーチャージに対応しているので運転中など短時間での充電でもしっかりチャージできるので、時間を有効活用したい方にもおすすめです。”

超軽量モデル!Xperia10Ⅱとは

“今回は、「Xperia10Ⅱ(テンマークツー)」について見ていきたいと思います。Xperiaのスマートフォンは様々な商品が発売されているので、どの機種を選んだらいいか迷っているという方も多いかもしれません。今回ご紹介するXperia10Ⅱは、映画館と同じ21:9のシネマワイドディスプレイを搭載しながら本体重量はわずか151gと非常に軽量で、ミドルレンジモデルのXperiaとしては、初となる有機ELディスプレイ搭載、そして標準カメラを始めとした超広角レンズと望遠カメラの三つのレンズが搭載されたトリプルレンズとなっている点が大きな魅力です。
縦に長いので、動画アプリとブラウザアプリの二つのアプリを起動させるマルチウィンドウにも対応しているので、とても使いやすいです。例えば、ショッピングサイトで気になる商品があれば他サイトでも同じようなデザインがないか、同価格帯の商品を見比べたりすることもできます。アプリの組み合わせによって様々な使い方が出来る点もXperia10Ⅱの魅力と言えますね。
Xperia10Ⅱは、2020年5月29日に発売され既に多くの方が使っている人気スマートフォンです。6インチのコンパクトなディスプレイと薄くて軽い本体は、持ち運びにもぴったりだと口コミでも注目を集めています。やっぱりスマホを選ぶなら、操作しやすいもの、持ち運びやすいものがいいという方は多いです。特に外出先でスマホを使うことが多い方、家の中だけでなく仕事などでも使う方は、片手でも操作しやすいスマートフォンがいいという方も多いと思います。Galaxy10Ⅱは、そういった意味で他のシリーズと比較してもかなり軽くてコンパクトなデザインとなっているので、持ち運びやすいものをお探しの方に非常におすすめの一台です。
他にも風景を入れたダイナミックな映像を撮影できる「超広角レンズ」や、繊細なディテールまでしっかりと表現してくれる「標準レンズ」に奥行のある立体的な撮影を可能してくれる「望遠レンズ」を搭載しています。このトリプルレンズがあれば、一つのシーンでも様々な撮影が可能になるので、カメラ初心者の方でも美しく立体的でオシャレな撮影が可能になります。SNSに写真をアップされる方、軽くて持ち運びしやすいだけでなくカメラ性能も重視して選びたい方におすすめします。
是非、数あるGalaxyシリーズの中でも軽くて持ち運びに便利な「Galaxy10Ⅱ」を検討してみてはいかがでしょうか。”

初心者必見!「シンプルスマホ5」とは?

“ソフトバンクから発売された最新モデル「シンプルスマホ5」についてご紹介します。これから、スマホデビューをしたい方、スマホが気になっているけど機械が苦手で操作方法が分からないという方にもおすすめです。
主な機能としては、4G対応のスマートフォンとして、初心者にも使いやすい「押すだけサポート」が搭載されている点です。スマホを使う上で、操作方法が難しくて不安があるという方は非常に多いです。そうした方にも安心して使える「押すだけサポート」は、ホーム画面から、ボタンを押すだけでお困りの内容に合わせて解決してくれる新しサービスです。例えば、急にインターネットが繋がらくなった場合や、電話やメールの着信音が鳴らなくなってしまった場合にも、サポートしてくれるので安心です。日々のこうしたトラブルをすぐに解決してくれる便利な機能が搭載されているので、スマホ初心者の方も安心して使うことができます。
また画面は、5.5インチのIGZO液晶ディスプレーを搭載し、色鮮やかな色彩を楽しむことができます。またシャープならではの液晶テレビで培った高画質技術を搭載しているので、動画を見たり美しい写真を撮りたい方にもおすすめです。気になるカメラ性能ですがこちらは、メインカメラに1300万画素と500万画素の二つのレンズを搭載し、更に料理や花、夕焼けなど様々なシーンに合わせてAIが自動で最適な撮影モードにしてくれるので難しい操作をしなくても綺麗な写真を撮ることができます。また写真を撮っていると、どうしても手が揺れてしまい思ったような綺麗な写真を撮れない、といったことがありますがシンプルスマホ5には、手振れ補正機能が搭載されているので安心です。撮りたい、と思ったシーンを確実に綺麗にブレずに撮ることができるので日常を美しく綺麗に撮りたい方におすすめです。
またスマホでよく使う機能を、ワンタッチで起動させることができる専用ボタンを搭載しています。例えば、「電話」や「メール」をよく使う方には、専用ボタンとして使うことでボタンを押すだけで簡単に電話をかけたり、メールを送ることが出来る機能となっています。また音声検索にも対応しているため、文字を入力しなくてもお店の情報を調べたり、乗換案内を簡単に調べることができます。画面を見ながら文字を入力するのが面倒だな、と感じている方は是非音声検索を利用してみましょう。
そしてシンプルスマホ5は、不在着信や未読メールがあった場合にボタンが点滅する仕様になっているので一目で分かります。せっかく連絡があっても見逃してしまった、ということもないので安心して使えます。
その他にも4000mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、日常生活の中では欠かせないものとなっています。是非、スマホデビューを検討されている方は一度手に取って試してみてはいかがでしょうか。”

Galaxy A41と比較!違いとは?

“auから2020年7月8日に発売された「Galaxy A41」と、2020年秋モデルとして発売予定の「Galaxy A51 5G」の違いについてみていきたいと思います。素手にGalaxy A41は発売されているモデルなので、実際に手に取って使っている方も多いと思います。それでは、次期スマートフォンとして注目されている「Galaxy A51 5G」との違いについて、どんな点が改善されているのか、詳しくみていきましょう。
まずは、ディスプレイですがGalaxy A41は85%の画面占有率であるのに対し、次期発売のA51 5Gは87%となっています。この数字を見ただけでも、画面に対してディスプレイの割合が大きく改良されていることが分かります。画面いっぱいに映像を広げることで、より迫力のある映像を楽しみたい方、一度に表示される情報量が多い方が見やすく使いやすいという方におすすめです。ちなみに本体サイズは、A41が6.1インチ、A51 5Gは6.5インチとなっています。画面が大きくなっただけでなく、画面占有率も上がっているので手に持った時の感覚としてはより大きく感じるかもしれません。日常的に、スマホで色々検索したり、電子書籍を購入して読むことが多いという方にもおすすめです。画面が大きくなると、その分一度に表示できる文字の量が多くなるのでスクロールする回数も減りますし、読みたい記事やニュースなどもささっと読めるようになる、という意味では非常に便利ですね。是非、普段どんな使い方をしているか考えながら、毎日使うものなのでより快適に使えるスマートフォン選びをしていきましょう。
ただし、仕事などで外出することが多くスマホは小さい方がいいという方や持ち運びに便利なスマートフォンがいいという方は、6.1インチのGalaxy A41をおすすめします。重さも143gと軽量で持ち運びに便利です。一方A51 5Gは187gあるので、少し重たいなと感じるかもしれません。ただしスマホ選びにおいてそこまで重さは重視しない、という方であればそんなに気になるほどではないので安心してくださいね。
また最も気になるスペックですが、A51 5GはCPUにSamsung Exynos 980を搭載しているのに対し、A41はMedia Tek製のHelio P65 (MT6768)を搭載しています。処理性能の高さを重視して選びたい方、どんなCPUを搭載しているか気になる方はこちらを参考にしておくといいですね。ちなみにSamsung Exynos 980を搭載したスマートフォンは、A51 5G以外に「Vivo S6」や2020年4月に発売された5G通信に対応した「Galaxy A71 5G」があります。初めて発売されたのが2019年9月なので非常に新しい8コアのチップとなっています。こちらも比較しながら是非検討してみて下さい。
最後にメモリとストレージの違いについてみていきたいと思います。A41はメモリが4GB、ストレージ64GBとなっていますが、A51 5Gは6GBのメモリに128GBのストレージとなっています。容量が大きくなり、保存できるデータも増えているので様々なアプリをダウンロードしたり写真や動画撮影を沢山しても十分な容量を備えています。そうした意味では、様々な面で非常に改良されたスマートフォンであることが分かります。
まだ実際に発売されていないので、これから気になっている方は是非公式HPをチェックしながら検討してみてくださいね。”Galaxy A51公式サイトはこちら

コンパクトサイズのjetfon P6が便利!

“仕事やプライベートで海外旅行に行かれる方も多いと思います。そんな時に、あまり大きすぎるスマートフォンではポケットに入りきらなくて、使いにくいですよね。今回ご紹介する「jetfon P6」は、5.7インチと画面も大きすぎず小さすぎない丁度良いサイズのスマートフォンです。
ただjetfon P6と聞いて、あまり馴染みのない方も多いと思います。jetfon P6とは、クラウドSIMに対応しているスマートフォンのことで、SIMカードの交換をクラウド上で行える最新のスマートフォンなのです。SIMカードの交換をクラウドサーバー上で出来るのでとても便利です。またSPUにはSpreadtrum SC9850Kwoを搭載、海外では100ヵ国以上で通信可能となっているので、例えば海外出張で何か国か国を回る、といった時に複数の端末を持ち歩いたり、SIMカードをわざわざ交換したり持ち歩く手間がかからない、といったメリットがあります。やっぱり国によってSIMカードを交換したり、端末を変えるというのはとても面倒です。そういった手間を省いてくれるのが、今回ご紹介しているjetfon P6なのです。
でも、海外でそれだけ便利に快適に使えるということは、それなりに料金もかかるのではと心配になりますよね。でも安心してください。料金は、1日300MBから使えて380円なので海外で使うSIMとしてはかなり格安で使えます。jetfon P6は、そういった意味で日本初の国境を超えたフリースマートフォンと言えるでしょう。
またクラウドSIMとしてはもちろん、どの国でも使えるのテザリング機能を是非活用して頂きたいです。
jetfon P6があれば、スマートフォンはもちろんPCやタブレットも簡単にネットに繋げることができます。また最大で27時間、丸一日以上ネットに繋げることができるので快適に使えます。またバッテリーは3400mAhの大容量バッテリーなので、残量を気にせずに使える点も大きな魅力と言えるでしょう。海外ですぐには充電できない、という時にも大容量バッテリーが搭載されたjetfon P6は非常に便利です。
カメラもデュアルカメラ搭載で撮影も楽しめます。旅行先で見た美しい景色をしっかりカメラに収めることが出来るのでとてもおすすめです。
仕事やプライベートで海外旅行に行くことが多い方、持ち運びにも便利なコンパクトサイズのjetfon P6を検討してみてはいかがでしょうか。”