意外に知らないAndroid – スマートフォンが熱くなったときの対処法

梅雨があけると、いよいよ暑い季節がやってきます。「最近、なんだかスマホの本体が熱くなるんだけど夏場は大丈夫かな? 」というスマートフォンユーザーも多いことでしょう。GPSを起動してマップアプリを利用しているときやワンセグやYouTubeなど動画を視聴しているとき、さらには長電話の後など自身のスマートフォンがカイロの様に熱くなることがあります。こういった場合対応方法をいくつか紹介します。まず「端末が熱くなったら冷ます」これが基本です。自身のスマートフォンが熱くなったら、ケースやカバーから外して自然冷却するようにしましょう。電源を落として、バッテリーを外して冷やすのも良いでしょう。だが、急激な冷却は精密機器であるスマートフォンに悪影響をあたえかねません。端末が防水だからと冷水にかけたり、冷気にさらしたりするのは避けるようにしましょう。また、端子部分をキャップでフタをするタイプの防塵・防水スマートフォンを使っている場合は、フタを開けましょう。こうすることで内部の熱を逃がすことができるのです。そして、GPSがオンになっていないか、ライブ壁紙などのアニメーション処理が負担をかけていないかなども注意しましょう。また、利用していないアプリがバックグラウンドで動作していないかなどもチェックするようにします。実行中のアプリは設定項目で確認可能です。電源管理の項目で、使用率の高いアプリをチェックするのも良いでしょう。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Recent articles

スマートフォンのモチベーション

みなさんやっぱりスマートフォンがいいと言っているのです。一体、auスマートフォンがいいのでしょうか、docomoがいいのか、それともSoftBankスマートフォンがいいのでしょうか。 やってみなさん、コマーシャルの評判なとでスマートフォンを購入して、ついつい、auがいいということになつてしまうのかもしれません。

いろいろ、細かいことを言って、auスマホがいいという人たちもいるようですが、スマートフォンの動機なんて、こんな感じでいいと思うのです。 そして、auスマホの中で、やっぱり、バッテリーもちのいいスマートフォンがいいということになるらしいです。

ちょっと昔は、そうじゃなかったのです。昔はそうじゃなかったけど、 やっぱり現代社会の人たちは、バッテリー重視ということになったらしいです。バッテリーを意識しなければきっと後々後悔することになります。

そして、次は、もうデザイン・見た目の問題が来、非常に、スマートフォンに対してのモチベーションは、安易、でもこんな感じでいいのです。

「DTI SIM」、5分以内の電話かけ放題+ネット使い放題プランを提供

DTIが、5分以内の通話し放題のサービスと、データ通信し放題のプランを提供する。前者は月額780円。後者は10GBプランの料金(2200円~)据え置きで提供します。ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は5月25日、MVNOサービス「DTI SIM」にて、「DTI SIMでんわかけ放題」と「DTI SIMネット使い放題」の提供を開始しました。DTI SIMでんわかけ放題は、月額780円(税別、以下同)で、1回5分以内の通話を回数無制限で利用できる、音声プランのオプションサービスです。対象となる通話は国内に固定電話、携帯電話、IP電話、PHSとなります。プレフィックス番号を付加して通話料を半額にするサービスは中継電話設備を経由するが、本サービスは卸携帯電話サービスの音声回線をそのまま利用するため、携帯キャリアと同等品質の音声サービスを提供できるとしています。DTI SIMでんわかけ放題は、新規契約の場合は25日から申し込める。既存ユーザー向けについては6月上旬から提供します。5分以内の通話が無料になるサービスは、エックスモバイルの「もしもシークス」でも提供しているが、こちらは月額850円。DTIは、780円は「業界最安値」だとしています。DTI SIMネット使い放題は、これまで提供していた月間データ容量10GBのプランを刷新したもので10GBプランの月額料金はデータプランが2200円、データSMSプランが2350円、音声プランが2900円ですが、これらの料金はそのままで、データ通信を使い放題とする。10GBプランの契約者は、手続き不要で使い放題となります。
 

写真をもっと楽しく、普段の使い勝手向上図る「Qua phone PX」

auの2016年夏モデルとなる「Qua phone PX(キュア フォン ピーエックス)」は、LG製のAndroid 6.0スマートフォンです。auが企画・開発したオリジナルモデルで、使いやすさを追求しつつ、同時に発表された「Qua tab PX」とあわせて利用するスタイルが想定されています。7月上旬発売予定です。auでは、上質さと買いやすい価格帯を追求したオリジナルブランドとして「Qua」を展開しています。2015年7月発売のタブレット「Qua tab 01」を皮切りに、2016年1月にはスマートフォンの第1弾となる「Qua phone」が発売されました。Qua phoneおよびQua tab 01は京セラ製なのですが、Qua phone PXはLG製となっています。なお、「PX」の意味については、「P」がアルファベットの16番目であることから転じて2016年モデル、「X」は夏モデルを意味していて、仮に冬モデルが将来発売される場合は、「Z」の文字を割り当てる予定ということです。ハードウェア仕様の面では、いわゆる「ミドルクラス」にあたる機種なのですが、搭載機能を厳選することで機能と価格の両立を狙っています。価格については後日発表予定としているが、ハイエンド機と比べて安価になる見込みです。ディスプレイは約5.2インチのフルHD(1920×1080ドット)IPS液晶となっています。
 充電

” スマホ性能 中国のスマートフォンメーカー”

どうせスマホを購入するのならもっとスマホ性能のいいものが欲しいと思っている人たちも多くいるはずです。急速に存在感を強める中国の星「LeEco」は、超ハイスペックなスマホを次々と投入しているということです。

中国のスマートフォンって、ええぇ!というのかもしれません。しかし、いつの間にか全然、中国のスマートフォンで構わないというモチベーションが私達にできつつあります。

年を追うごとに存在感を増す中国のスマートフォンメーカーです。もうほとんど、中国のスマートフォンが自慢という時代がここに来ようとしています。シャオミもちょっと勢いを失い、 OPPOやVIVOというメーカーが顔を出し、そして、今多くの人たちが、注目しているスマートフォンメーカーと言えば、中国の星「LeEco」です。

競争とは、素敵なことです。競争するから、最終的には、一番優れているスマートフォンが登場します。日本の
企業も頑張らなければ。

“ドコモスマホから楽天モバイル “

ドコモスマホからもうちょっと安いものと考える時、やっぱり楽天モバイルなら安心感を持つことが出来ます。みなさんが既に知っている会社、それが楽天です。

楽天モバイルは、ドコモの回線を利用しているのから、繋がりに不安要素などないのです。いつでも安心してインターネットライフを過ごすことが出来ます。5分以内かけ放題オプションが登場し更にお得です。

楽天モバイルを使用している人たちは、どんな感想をお持ちなのでしょうか。楽天モバイル 通話SIM 3.1GBプランを利用している人は、可もなく不可もなしという感想をお持ちのようです。しかし、思っている以上に通信速度は早いと感じ、これならストレスなく使用し続けることが出来ますとのことです。もう一人楽天モバイル 通話SIM 3.1GBプランを契約している人は、 とにかく毎月の料金が、三分の一にまで下げることが嬉しいとのことです。一回だけでなく、毎月の引き落としに対して、私達は、やっぱり真剣に考えていかなければなりません。

ファーウェイ、「honor6 Plus」「P8lite」「P8max」をAndroid 6.0に

ファーウェイ、「honor6 Plus」「P8lite」「P8max」をAndroid 6.0に。ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーのスマートフォン「honor6 Plus」と「P8lite」「P8max」の3機種に対し、Android 6.0 MarshmallowのOSアップグレードを提供します。Twitterの同社公式アカウントにて、3機種のユーザー向けに先行アップデートテスターを募集しているのです。Android 6.0バージョンアップは6月30日に提供を開始する予定で、あわせて独自UI「EMUI」もバージョン4.0に更新されます。OSアップグレードを一足先に体験できる「先行アップデートテスター」は、ファーウェイがTwitter公式アカウントで公開しているフォームより申し込めます。応募期間は4月30日~5月15日。募集人数は各機種200名で、応募者多数の場合は抽選となります。応募の際に端末のシリアル番号(IMEI)を入力する必要があります。当選者には、5月16日に、端末にソフトウェアアップデートの通知が配信され、そのままOSをアップグレードできるのです。alcatelの「IDOL 3」が今夏Andorid 6.0にTCLコミュニケーションは、alcatelブランドのスマートフォン「alcatel IDOL 3」に、Android 6.0 MarshmallowのOSバージョンアップを提供すると発表しました。提供は2016年夏頃となる予定で、実施方法は別途案内されるとのことです。「alcatel IDOL 3」は、2015年8月に発売されたSIMロックフリーのスマートフォン。当初「ALCATEL ONE TOUCH」のブランドで提供されていたが、2016年2月に「alcatel」ブランドに改称されています。
 

バッテリーの劣化を防ぎ長生きさせるコツ

バッテリーはあくまで消耗品ですから、どうやって使っても少しずつ劣化していくことは避けられません。しかし、正しい知識を持って使えば、劣化を遅らせることができるのです。バッテリーにはいくつかの種類がありますが、ここではスマホのバッテリーやモバイルバッテリーで使用される、リチウムイオン電池を前提に説明します。皆さんはバッテリーの充電がどれくらい減ったタイミングで充電しているでしょうか?完全にゼロになってから充電、50%ぐらい減ってから充電、使っていない時は常に充電、この中で、最も充電池の寿命を縮めるのは実は最初のゼロになってからの充電です。驚いた人はニカド電池(ニッケル・カドミウム蓄電池)のイメージで充電してしまっているのです。ニカド電池は継ぎ足し充電によるメモリー効果(継ぎ足し充電をよく行う残放電容量付近で放電電圧が低下し、利用機器によっては容量が減少したように誤認する現象)が顕著に現れるため、できるだけ充電をゼロにしてから充電するほうが良いとされていました。しかし、リチウムイオン電池ではメモリー効果はほとんど発生しないので、継ぎ足し充電することはそれほど問題になりません。むしろ、充電をゼロにしてしまう方が、充電池を劣化させてしまいます。(ただし、製品によっては購入後数回は充電をゼロにしてから充電するよう指示されているものがありますので、その場合はメーカーの指示に従ってください)電圧制御が正しく行われずに充電ゼロを超えて過放電になると、電池が異常発熱を起こす恐れがあります。充電をゼロにすると、こういったリスクがあるのです。
Gear VRをのぞけば、360°あなたの世界

Bluetoothの「Happy Hacking Keyboard」

Bluetoothはバージョン3.0のHIDプロファイルに対応していで、Windows、Mac、iOS、Androidで使用できます。4台までペアリング可能ですが、キーボード側から機器の切り替えはできないので、使い分けるには機器側の電源オンオフで対応するしかありません。背面にはディップスイッチがあり、Fnやaltキー割り当て、BSとするかDelとして使うかなどの細かい設定ができるようになっています。筆者はHHKを使うのがこれが初めてです。常々店頭で触っては、「これが無線だったら……」とため息をついていたのです。実際に使ってみて、噂にたがわぬ使用感に舌を巻いています。とにかく入力は快適です。力を入れなくても自然にキーが押し込まれる感覚は比類ありません。そして比類ないといえば、変態度も、です。コンパクト化するために、Fnキーを使わないと入力できないキーがとにかく多いのです。そのうえキートップではなくキーの手前側に機能が印刷されているので、入力したいキーを探して手が迷うのは有線モデルから変わりません。打鍵音は大きめで、無線だけにモバイル環境でも使いたくなるのですが、TPOは選ぶ必要があるでしょう。静音モデルであるType-Sの無線化にも期待したいところです。メーカーによる直販限定で、価格は2万9700円(税込)と性能に見合った額だといえます。
 

ドコモスマホ ブルーライトに注意

ドコモスマホに依存しすぎた生活って、実際にかなり怖い生活かもしれません。スマートフォンのLEDディスプレィや照明のブルーライトが多く発せられており、みなさんがドコモスマホを使用すれば使用するほど、多くブルーライトを浴びてしまうことになります。

このブルーライトが問題なのです。みなさんがブルーライトを浴び、そこには、紫外線に最も近い強いエネルギーがあり、色素沈着が起き、それは、紫外線で起こる色素沈着よりも全然強力であって、残り続ける事が段々と分かってきたのです。

あなたの肌は、ブルーライトによって病んでしまっているのかもしれません。本当に、要注意です。

私達は、このブルーライトにどのような対策をしなければならないのでしょうか。ブルーライトカット用のメガネというものも販売されているようです。ブルーライトからお肌を守るランコムのCCクリームというものも販売されているようです。

ブルーライト軽減アプリの使用、 そしてスマホなど、使用する時間を制限するということも段々と考えていかなければならないのです。

iPhone SEと6sの指紋認証、速度はどれだけ違う?

iPhone SEに搭載されているのは、最新版ではない「第1世代Touch ID」です。iPhone 6sなどに採用されている第2世代と比べて、どれくらい認証速度に差があるのか試してみました。3月31日に発売された「iPhone SE」には、指紋認証で画面ロックを解除できる「Touch ID」が搭載されています。しかしこれは、iPhone 6sや6s Plusに搭載されている最新の「第2世代Touch ID」ではなく、旧機種であるiPhone 6などに採用されていた「第1世代Touch ID」なのです。第2世代と第1世代の違いは、認証の速度と精度です。第2世代ではさらに高速・高精度に進化しています。実際にiPhone 6から6sに乗り換えたユーザーからは、「一番違いを実感できたのはTouch IDの性能だった」という声も聞くのです。そこで今回はiPhone SEとiPhone 6sで、認証速度の実験をしてみました。電源ボタンを押して待ち受け画面を表示した状態と完全にスリープの状態のそれぞれから、ロック解除を試しました。いずれもほんの少しだけ(本当にわずかな差なのですが)左のiPhone 6sの方が、ホーム画面が表示されるのが早いのです。使い始めれば何千回、何万回と繰り返す操作であるだけに(特に現在iPhone 6s/6s Plusを使っていた人がSEへの乗り換えを検討しているのなら)、実際の使用感は慎重に検証した方がいいでしょう。