ドコモスマホから648円スマホが登場して

ドコモスマホは今注目を集めているのが648円スマホですよね。
648円の「MONO MO-01J」というスマホであります。
かなり格安のスマホという事もあり「MONO MO-01J」を購入したなんて方もいるでしょう。
スマホと言えば、今では実質0円がなくなり格安スマホが人気が出てきています。
そんな中でこの価格のスマホが登場した事で、ドコモスマホが注目を集めているのです。
見た目もかなりシンプルな感じになっています。
内容としてはかなりシンプルになっているそうなのですが、スマホを使う中であまりこだわらないなんて方には非常におすすめですね。
スマホも持っていてもメール、電話、ネットぐらいしか使用しない方だっていますよね。
そんな方にはすごく便利なスマホだと思います。
スマホもたくさんある中で、お金の負担をかけないように使用をしようと思ったら「MONO MO-01J」は大注目ですよ。
でも、こんなにシンプルなスマホでも防水機能が付いているのは嬉しいですね!
価格がこれだけ安くてもスマホとしてしっかりと使用ができるようになっているので、これから購入をする方も確実に増えてきそうです。

— Read the article in full

Recent articles

SDメモリーカードあれこれ

SDメモリーカードとは、1999年にSanDisk社、松下電器産業、東芝の3社が共同開発したメモリカードの規格です。音楽のオンライン配信に適した著作権保護機能「CPRM」(Content Protection for Recordable Media)を内蔵していて、携帯音楽機器の記憶装置としての需要を見込んでいます。著作権保護機能はSDMI規格に適合したもので、SDMIの将来のバージョンにも対応可能となっています。SDメモリーカードはSanDisk社のメモリカード「MMC(マルチメディアカード)」の仕様をベースとしているので、SDメモリーカードスロットにMMCを差し込んで使用することができるようになっています(SDメモリーカードのほうが厚いので逆は無理)。ただし、MMCには著作権保護機能が搭載されていないため、記録の際に著作権保護機能を必要とする音楽データなどは、物理的にMMCを差し込める場合でも記録はできないような仕組みになっています。データ転送は短辺の一方に並んだ9本のピン端子で行い、転送速度はカードごとに異なりますが、最高で毎秒10MB程度です。誤消去を防ぐプロテクトスイッチも付いています。最大記憶容量はカードごとに異なり、16MB~512MBの製品が市販されています。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-memory.html

スマホカメラでの撮影が楽しくなりそうです

スマホカメラも今ではキレイに写真撮影ができるのも当たり前になってきました。
スマホがあれば、デジカメなんて不要ではないのかといった感じですよね。
しかし、そんなスマホもやっぱり綺麗さを極めようと思ったらそこは難しいものになってきます。
スマホカメラでこだわりの写真撮影をしたい方におすすめのものがありますよ。
それは、Aukeyレンズなのですが、こちらスマホにも使用ができるようになっています。
キレイな景色を撮影したいなんて方にはおすすめのレンズですね。
カメラを持っていくのが面倒なんて感じている方にぴったりの商品です。
また、こちらのレンズはどんなスマートフォンにも対応をしているので、ものを見なくていいなんて所もあるようですよ。
スマホのレンズが気になっていたなんて方にはぴったりの商品ですよ。
どんなものもきちんとズームをして撮影ができるので、本当にカメラが不要になりそうですね。
スマートフォンも、レンズを変えるだけで写真の仕上がりがまったく違うようになります。
何か大事なものを撮影したいなんて方にはすごくいい商品だと思いますね。
これから、スマホで写真撮影をするのが楽しくなってきますよ。

スマートフォンが自転車で充電ができる

最近は、スマートフォンも色々な場所で充電が可能になっていますよね。
今では、モバイルバッテリーだってたくさんの人が持っています。
なので、外出先で充電が気軽にできるようになっています。
しかし、そんなスマホのバッテリーなのですが、自転車で充電ができるものが登場しました。
自転車をこぐだけで、なんと簡単にスマホ充電ができるようになっています。
「チェーン式自転車USBダイナモチャージャー」というもので、こちらはチェーンの回転で発電を行っているのです。
通勤や外出の際によく自転車を利用する方は、移動をしながらスマホ充電ができるようになりますよ。
モバイルバッテリーなども、ずっと充電ができる訳ではありません。
しかし、「チェーン式自転車USBダイナモチャージャー」を利用していけば、好きな時に充電が可能になります。
充電で困っている時は、自転車をこげばいいんですね。
また、防水機能も備えているため、雨の日だって心配なく充電ができるようになっていますよ。
最近は太陽光を使って充電するものもありますが、自転車の動力を利用をしたものもいいですね。
自転車の速度が早ければ早いほど、充電ができる量も多くなってきます。
これは1度利用をしてみたい、スマホバッテリーですね。
スマホバッテリーの基本 | Galaxy

スマホバッテリーが不安ですね、、、

この頃はスマホを使用をするのもちょっと怖いなという感じです。
サムスンの「ギャラクシーノート7」が発火事故があり、これにはかなり恐怖を感じました。
もし、寝ている間なんかに発火してしまえばなんて考えるとととっても怖いですね。
気軽に充電すらできなくなってしまいます。
そんな発火事故なのですが、なんと「Galaxy J5」も発火の報告が出ているそうなのです。
その発火は自宅にいる時に煙が出ていることに気が付いたので大きな事故などにはならなかったようです。
しかし、少し目を離してしまっていれば、どうなっていたものかと考えてしまいますよね。
なので「ギャラクシーノート7」ではないからと言って油断ができないものとなっているのかもしれません。
スマホも充電をしていると、寝ている間ずっとつなげているなんて方も多いでしょう。
そうなった場合、こういったトラブルだって引き起こる事もあるんだなと感じました。
この報告は初めてだという事から、ちょっと注意をする必要がありそうです。
実際に使用をしている方は、スマホ会社などに相談をするのもいいかもしれませんね。
サムスンの方からきちんとした説明もないそうなので、これからどうなるのでしょうか、、、。

Apple Payの課題 

Apple Payはとてもよく考えられたサービスなのですが、他方で、その利用にはクレジットカード側の対応が欠かせません。現時点でApple Payに対応しているのは、イオンカード、オリコカード、クレディセゾン、JCBカード、トヨタファイナンスのTS CUBIC CARD、ビューカード、三井住友カード、楽天カード、NTTドコモのdカード、KDDIのau WALLETクレジットカード、ソフトバンクカードなどとなっています。また近々、三菱UFJニコスのクレジットカードも対応する予定だそうです。他方で、アメリカンエキスプレスカードやダイナースなど老舗クレジットカード会社のプロパーカードが対応しておらず、Apple Payのネット決済全般でVISAブランド発行のカードは使えないといった課題もあります。日本は非接触ICを用いた決済サービスにおいて世界に先行し、先行しすぎたがゆえに「ガラパゴス市場だ」とやゆされたこともありました。しかし実際は、JR東日本やNTTドコモ、JCBなどが不断の努力でインフラを整備したおかげで、どの国よりも広い範囲・高い密度で、非接触ICの決済サービスが利用できる土壌ができているのです。そしてAppleは、Apple Payを日本市場に合わせて最適化することによって、街中にあるこれらの決済インフラを、おサイフケータイよりも使いやすくスマートに利用できるようにした。iPhoneユーザーはもちろん、古くからのおサイフケータイユーザーにとっても、Apple Payは注目のサービスといえるでしょう。 

ドコモオリジナルブランド、割安価格のスマホ「MONO MO-01J」

19日に発表された「MONO MO-01J」は、NTTドコモの2016年冬モデルとして発表されたAndroidスマートフォンです。「MONO」は、NTTドコモが提供する新たなスマートフォンブランドでその1号機にあたる「MONO MO-01J」は、定番とされる機能を搭載しつつ、手頃な価格で提供されます。製造メーカーはZTEで、12月上旬に発売されます。端末の価格は約3万円で、端末購入サポート(12カ月にわたり同一端末の利用が条件)により、実質負担額(一括)は650円程度になる見込みです。マップやブラウザなどタッチ操作をストレスなく行えるよう、反応速度をチューニングするほか、広角で1300万画素のメインカメラ、500万画素のインカメラを搭載し、LTEやVoLTE、防水・防塵仕様、ハイレゾ音源の再生など、日本のユーザーにあわせたスペックを搭載しています。バッテリーの持ち時間は約80時間、約3日間もつことになります。左側面の下部には、ワンタッチでマナーモードのON/OFFが可能なスライド式スイッチも用意され、本体にはストラップホールも装備しています。外観は背面パネルにもガラスを用いたほか、電源と音量のキーにはアルミ素材を採用し高級感も高めました。

スマホの充電に困らないかもしれません

スマホも持ち歩いていると結構すぐにバッテリーがなくなってしまうものですよね。
外出をしていると思わず使用をしてしまうのがスマホです。
そんな、スマホ充電が必要な時に助かるものが登場しました。
それは、モバイルバッテリー専用レンタルマシーン「NRG GO」なのです。
その名前の通りバッテリーが必要な時に利用ができるマシーンとなっています。
今まだ、アメリカで開発中らしいのですが、近い将来このマシーンが登場することになるでしょうね。
日頃よくモバイルバッテリーを使用している方には必見かもしれません。
思わずバッテリーが欲しくてコンビニに駆け込むこともなくなりそうですね。
こんな便利なものが町の色々な所に設置してくれればこれからモバイルバッテリーも必要がなくなるかもしれません。
もしも緊急の時にこういったものがあると便利です。
外出の前に充電し忘れてしまったなんて場合でも、活用ができそうだなと思いますね。
常にモバイルバッテリーを持ち歩くのが面倒だと感じているな人もいるかもしれません。
そうなった時に、マシーンが登場をしてくれれば嬉しいです。
これから登場するのが待ち遠しいですね。

違うジャンルのスマホ音楽を楽しむためにも

今では、スマホで音楽を聴くのは定番となっています。
もうスマホがあれば、簡単に音楽を聴けるよになってしまっているので仕方がないですね。
CDの売上なんかもやっぱりかなり減ってきているのではないでしょうか。
そんなスマホ音楽を楽しむ中、「スマホでUSEN」では月額490円で利用ができるようになったそうです。
490円で音楽が聴き放題というのはかなりお得ですよね。
好きな曲をどんどんスマホで聴けるようになっています。
また、今まで聴いたことがないような曲にも挑戦ができるかもしれませんね。
あまり強く聴きたいと思わないとお金を出してまで聴いたりはしません。
しかし、聴き放題ともなると、色々なジャンルの曲を楽しんでみたいと思ってしまいますよね。
自分が聴いた事がない曲をいっぱい楽しめるようになっています。
昔の懐かしい曲をまた聴いてみたりするのもいいかもしれません。
昔好きだった曲を聴いて、昔を思い出してみるのもいいと思いますね。
自分がこういう音楽好きだったんだといったものに出会えるかもしれません。
音楽好きな方であれば、月額料金は非常に嬉しいものだと思いますね。
ぜひ試してもらいたいなと思います。

2カ月分おトクなApple Musicカードは翌年以降もおトク

アップルの定額制の音楽配信サービス「Apple Music」は、2015年7月に国内でサービスが開始されているものですが、月額980円で、数百万曲を超える楽曲が聴き放題になるほか、最大10万曲をiCloudミュージックライブラリに保存したり、世界初公開の曲やオリジナル番組などを楽しむことができます。9月18日から今年で10周年を迎える「Apple Music Festival」をスタートしますが、これもApple Musicで独占配信されます。9月に入り、このApple Musicのメンバーシップを利用できる「Apple Musicカード」が発売されました。Apple Musicカードには2940円で3カ月、9800円で12カ月利用できる2種類のカードが販売されています。この2種類のApple Musicカードのうち、3カ月のApple Musicカードは価格が月額料金の3カ月分と同額ですが、12カ月のApple Musicカードは価格が10カ月分の月額料金と同額で、2カ月分おトクに使うことができます。また、12カ月のApple Musicカードでメンバーシップを登録すると、翌年以降も年額9800円でメンバーシップを更新できるというメリットもあります。一度、12カ月のApple Musicカードでメンバーシップを登録すれば、1年間で1960円分のおトクが毎年、継続できるということになります。
スマホ 音楽

“Androidスマホに限りなく近いモバイルルーター「GLOCAL NET」 “

モバイルルーター「GLOCAL NET」は、スマートフォンを分厚くしたような形状になっています。中身はAndroidベースで、設定メニューの見た目はAndroidのそれとよく似ています。端末をよく見ると、端末上部にはレシーバーのような穴があったり、端末下部にはマイク用の穴のようなものもあり、実際、操作はスマートフォン同様にタッチパネルで行うスタイルになっています。端末には「クラウドSIM」と呼ばれる制御用のSIMカードが内蔵されて、サーバー側に装着されている複数のSIMカードのうち最適なものを自動的に選んで通信可能となっています。一番強いシグナルのキャリアをつかむ仕組みになっているので、あるキャリアのSIMの利用中に圏外になった場合には、他のキャリアのSIMに切り替わります。電池のもちについては、6000mAhという容量があるだけに、1日は余裕で使えます。ただ、画面上は小さな電池マークでしか電池残量を確認できないので他のAndroid端末同様にパーセント表示で確認きるとありがたいところです。使わない月も月額400円の基本料金がかかるので、基本的には海外によく出かける人向けの端末と言えますが、国内でもそのまま利用できるで、普段使いも可能です。他の人とは一味違うルーターを使いたいという人にもオススメといえます。