電子書籍ストア・アプリの利用率は男女ともにKindleが1位、MMD調査

読書に使うデバイスは男性がタブレット、女性はスマホがトップ。MMD研究所(MMDLabo)は11日、「2016年電子書籍に関する利用実態調査」の結果を公開しました。調査期間は2月29日~3月2日、電子書籍を現在利用している20歳~59歳の男女442人(男性269人、女性173人)を対象にインターネットによる調査を行ったのです。電子書籍を最も利用している端末をたずねたところ、最も多かった回答は、男性の36.8%がタブレット、女性の42.8%がスマートフォンと、男女で異なる結果となったのです。使用している電子書籍ストア、アプリ(複数回答)を聞いたところでは、男女ともに上位3位までは「Kindle」「楽天kobo」「iBooks」と共通。男性は「Reader Store」「honto」「eBookJapan」、女性は「LINE マンガ」「Renta!」「Yahoo!ブックストア」の順にランクインしています。電子書籍ストア、アプリで経験したこと(複数回答)についての質問には、「期間限定の無料配信」が31.9%と最も多く回答を得られました。続いて「無料で試し読みをした後に購入」(30.8%)、「期間限定の対象書籍を割引価格で購入」(26.2%)としているのです。電子書籍ストア、アプリを利用している理由(複数回答)は、最多回答が「電子書籍の数が豊富だから」の48.0%、次いで「ポイントや割引など特典がお得だから」が35.1%、「無料で読める書籍が豊富だから」が34.4%という結果となりました。
 

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Recent articles

” ついスマホ音楽のためフリーテルのpriori2を購入してしまった “

ちょっとメカに弱い人たちは、現状の流れが何がなんだか判らないという人たちも多いでしょう。Bluetooth機能のついたデジタル音楽プレーヤーを買おうと思えば、気づけばスマホ音楽 格安スマートフォンだったということもあり。

格安スマートフォンでも音楽を聞くことが出来れば、それでも問題なしではあるのかもしれません。が。デジタル音楽プレーヤーを買おうと思っていたのに、格安スマホpriori2。

Bluetooth対応の音楽プレーヤーが欲が欲しい。ウォークマンや新型iPod touchの購入は高い!

そこでふと思う、中古のスマートフォンでもいいのではないかと。でも中古なんて、あくまでも中古であり、何年もつか判らないですし。だから、考えの結論として、格安スマートフォンへとたどり着いてしまうことになります。

音楽プレーヤーにスマホ機能がプラス、ついでにテザリングも。フリーテルのシムロックフリーのスマホは現在大変評判が良いようです。だから、ついついフリーテルのpriori2ということに。

スマホ充電の抱える問題

スマホ充電のことばかり意識している人たちも少なくありません。一度友だちと電話をすれば、スマホバッテリーはどの程度減ったのか意識する気持ちって、かなりストレスなのではないでしょうかね。

しかし、スマートフォンは、他の機械よりも全然バッテリーの減りが早くて、ついバッテリーを気にする習性が身に付いてしまうものらしいです。

スマートフォンで音楽を聞くという人たちもいます。音楽プレイヤーで聞けば、何時間ももつのに、スマートフォンで音楽を聞けば…。もちろんスマートフォンで音楽だけと言うのならもつでしょうけど、スマートフォンは音楽のためだけものではありませんし。

だから、スマホ充電バッテリーのことを考えると、やっぱりスマホなんかで安心して音楽なんて聴いていることが段々と出来なくなると言います。

スマホバッテリーを減らす使い方というものがあるようです。

ここでコマーシャルです。ソースネクストでは、Androidバッテリーを消費するような挙動を制御し、節電をするというアプリケーション「超節電」を販売しているということですが。

docomo 新機種が気になったらこちら

スマホカメラのシャッター音を消すのは違法?

スマホカメラのシャッター音を消すのは違法なの? 気になったのでちょっとだけ調べてみました。現在のスマホはご存知のとおり、意図的に何かしない限りはシャッター音を消せないようになっています。理由は「盗撮防止のため」ということで、漠然とは分かっていたのですが、具体的に法律上問題がないかどうかまでは調べたことはありませんでした。純正カメラではシャッター音がするけれども、無音シャッターのアプリは普通にあります。これは法律上問題はないのでしょうか。そもそも、音のしないカメラアプリを使って公共の場で隠し撮りすると、『迷惑防止条例違反』という犯罪になるようです。しかし、現状ではこのようなアプリの開発や使用自体を禁止する法律はありません。また、隠し撮り目的でアプリをインストールする行為も、迷惑防止条例には犯罪の準備を処罰するための『予備罪』の規定がないため処罰ができないのです。つまり、アプリの開発やインストール自体は違法でなく、また、無音のアプリでの自撮りや景色の撮影をしても違法にはなりません。一方で、隠し撮りをしたり勝手に人の写真を撮って肖像権を侵害したりすると違法になる場合もあり、あくまでユーザーの使い方によって違法かどうかの結論は分かれる、ということになるのです。

“ 「情報収集」の段階で“不安”を拭う “

アーリーアダプター層の取り込みにおいて、重要な鍵となるのが“女性”です。MVNOサービスの契約者は男性が多くを占めているからです。これからの格安SIMのさらなる普及のためには、女性ユーザーをより多く獲得する必要があるのです。その一方で、それを実現するには解決すべき“不安”や“課題”もまたたくさんあります。MMD研究所は3月2日、「格安SIMの女性利用の拡大について」と題するメディア向け勉強会を都内で開催しました。この会で、NTTコミュニケーションズの岡本健太郎氏とビッグローブの河口清華氏は、女性ユーザーが持つMVNOサービスに対する不安と、その解決に向けた取り組みを解説したのです。「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズの田中氏は、女性ユーザーは「情報認知経路」「消費価値観」「格安SIMに関して」の3点において大きな特徴があるといいます。それを要約すると、次の通りとなるのです。情報を知るきっかけとして、テレビが果たす役割が非常に大きい。Webでの情報収集も積極的に行う。価格やサービスの比較を徹底的に行ってから契約(購入)を判断する。知人からの評判やWebでのクチコミを重要視する。などです。これらを踏まえて、NTTコミュニケーションズではさまざまな取り組みを行っています。まず、情報を知り、興味を持ってもらうきっかけを作るために、MVNOサービスとしては珍しくテレビCMを使ったプロモーション活動を行っているのです。

交換は着脱式が有利だが

バッテリーがへたったら交換することになります。スマホのバッテリーの搭載方法は、着脱可能なバッテリーパックを使う方法と、バッテリーを本体に内蔵して固定する方法の2種類があります。バッテリーの交換に関しては、ユーザー自身で交換できるぶん、バッテリーパックを使用する機種が有利なのです。バッテリー内蔵固定型の機種はメーカーに交換作業を依頼するので、どうしてもある程度の日数を要するのです。ユーザー自身で本体内に固定されたバッテリーを交換するのは絶対にやめましょう。端末の内部構造が簡単に交換できないようになっていることもありますし、何よりバッテリーの扱い方を間違うと発火や爆発を招く恐れがあるからです。携帯電話会社から購入した端末に関しては、携帯電話会社が提供するバッテリー交換をお得にできるサービスを利用できるケースもありますので、チェックしておくとよいでしょう。複数個のバッテリーを使いたければ、最初からバッテリーを交換できる機種にしておきましょう。写真の左側はNTTドコモの「GALAXY Note SC-05D」。ただしサードパーティー製のバッテリーは、品質がさまざまであるため推奨はできません。この手のサービスでも、着脱可能なバッテリーパック採用機種の方が「交換用バッテリーパックをもらいやすいですし、届けばすぐ替えられる」点で有利です。なおiPhoneは、Android端末とは別のサービスになるので、間違えないようにしましょう。
 http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/tablet/au

スマホで撮った写真でアルバム!多彩な機能を持ったサービスに注目。

子供がいると増えるのが写真や動画を撮る機会です。

子供がいる人はわかると思いますが、子供の成長というのは本当に早いものです。

でも自分で撮った写真てなかなか上手に撮れなかったり、整理するのが大量になると面倒になったりしますよね。

最近ではネットでアルバムを作ってくれる会社もありあますが、いろいろなスマホやカメラで撮っていて、まとめるのが大変でという人もいるかもしれません。

さて、そんな日人たちのために最近こういったサービスを取り入れている保育園などがあるそうです。

フォトクリエイトという会社が提供しているスナップスナップというサービスです。

入園式、運動会、遠足と言った行事の際は写真館のプロのカメラマンが撮影して、後日専用サイトにアップされた写真をみて保護者が選び、欲しいものはプリントできるという仕組みです。

もちろん保育園だけではなく、幼稚園学校なども利用しているそうで、現在は全国で3300ほどが利用しているそうです。

またプリントアウトするといった以外にもデジタルデータのダウンロードなといろいろな機能があって、もちろん写真が他の人に流用されないためにもセキュリティもきちんと対策がされています。

ネット上のアルバムとして保存されて、いつでも見ることはできるそうです。

やっぱりプロに撮ってもらうと自分が撮った写真とは違いますよね。

より近くで撮ることもできますし、その時の子供の表情も鮮明に残すことができた方が、親としても嬉しいことです。

「仮面ライダーあつめ」Android版

「仮面ライダーあつめ」Android版が楽天アプリ市場でauスマートパスで3月2日に配信開始します。楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンも開催します。東映は2016年3月1日、スマートフォン向けカジュアルゲーム「仮面ライダーあつめ」のAndroid版を,楽天アプリ市場向けにリリースしました。現在は楽天アプリ市場でキャンペーンが実施されています。今回初めて楽天アプリ市場を利用する人のみが対象となるが,3月1日から3月28日23:59までに楽天アプリ市場で本作をダウンロードすると,楽天スーパーポイントが100ポイントプレゼントされるとのことです。そのほかにも条件があるので,詳細は特設サイトを確認しましょう。なお,3月2日よりauスマートパス向けのリリースも予定されているとのことです。東映株式会社は,異色カジュアルゲーム「仮面ライダーあつめ」の配信を,楽天株式会社(本社:東京都品川区,代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)が運営するAndroidスマートフォン向けアプリストア「楽天アプリ市場」,およびauスマートパスにてスタートします。楽天アプリ市場では2016年3月1日(火)より,auスマートパスでは3月2日(水)より配信を開始します。

スマホのカメラ機能も一眼レフ並みに

今では、スマホカメラの機能もすごく高くなっています。
そんなこともあり、カメラを持ち歩かない方も非常に多いと思います。
しかし、そんなスマホカメラもすごいこととなっているようです。

今では、スマホカメラも一眼レフ並みにキレイに撮影ができるスマホが登場をしました。
韓国製の「ギャラクシー」の新型スマホです。
S7とS7エッジとなっているのですが、これはすごいかもしれませんね。

スマホで一眼レフ並みにキレイに撮影ができるのであれば、本当にこれからカメラが不要です。
今年の春の発売の予定なので、これはかなり注目をしたいスマホですね。
暗い場所でも、かなりキレイに写真撮影ができ、防水機能も付いているので文句なしですね。
日頃、ブログやインスタを活用している人は、かなり便利に使用ができるスマホだと思います。

また、旅行先などでも活躍してくれそうです。
やはり、旅行だとキレイな写真を残したいものです。
そんな時に一眼レフを持ち歩くには非常に邪魔になると思うので、このスマホがあればポケットに入れておけば邪魔になりませんよね。
写真にこだわりたい人は、この春は注目です。
どのぐらいキレイに撮影ができるのか見てみたいです!

“スマートフォン依存症 “

あなたはスマホ依存症になってしまっているのではないでしょうか。

もしも、スマホが再びこの世の中から消えてしまったら。一度スマホがなくても大丈夫かという生活をしてみなければならないのではないでしょうか。

iPhoneが販売されるようになって、本当にアラヨという感じでスマホが普及しました。気がつけばあなたの手元にもスマホが…というまさにそんな感じです。

自覚もないままに。

スマートフォンが便利で楽しいと言うのは非常に理解出来るんです。しっかりやっぱり依存し過ぎてはならないと思うのです。

そして、みなさんが依存し過ぎ。

それはやっぱりスマホ依存症です。

まず、スマートフォン依存症にかかり、人間とのコミュニケーションをしているようで、直接的コミュニケーションがどんどん減って行くことになります。目の前に素敵な相手がいると言うのに、スマートフォンを見ているから素通りと言うことはないでしょうか。

目の前にお店があると言うのに、スマートフォンでわざわざ購入していたり。

ドコモ、収益回復は本物か。端末値引き是正も追い風

NTTドコモは業績のV字回復に向けた、足取りを一段と強めています。2016年3月期業績見通しは、通信事業の回復やコンテンツなどスマートライフ事業の利益拡大から営業利益予想の上振れは必至となっています。来期は安倍晋三首相の肝いりで総務省が進める「携帯料金引き下げ」の”指導“を受け新設した料金プランの減収影響が課題となっています。これに対して、端末の過度な値引き販売の撤廃で浮いた割引費用とコスト削減で相殺して、好業績を維持する方針なのです。「手応えはある」。ドコモの加藤薫社長は16年3月期業績予想の達成に自信をのぞかせています。営業利益目標の7100億円に対して、15年4―12月期時点で6855億円を計上します。最終コーナーの16年1―3月期は商戦期に入って、販売経費が増えるといった不透明な要素があるとはいえ、通期計画の達成確度はかなり高いのです。好業績を支えるのは土台の通信サービス収入です。15年4―12月期でこれまで減益要因だった端末割引費用「月々サポート(月サポ)」を含め、増益を確保した。財務担当の佐藤啓孝取締役は「これは(業績回復への)ターニングポイント」と分析しているのです。さらにといったコンテンツ群などを商材とするスマートライフ事業も貢献します。通期営業利益予想の700億円に対して、15年4―12月期の進捗(しんちょく)率は98%とほぼ達成。コンテンツや金融決済収入などのスマートライフ全体が底上げされており「通期で800億円超を期待している」(加藤社長)と鼻息は荒いのです。