四眼レンズ搭載!3.5万のvivo Z6 5Gとは

“SOCにsnapdragon765Gを搭載し、4眼レンズを備えた3.5万円の5Gスマホ「vivo Z6 5G」が話題になっています。四眼レンズ搭載のミッドレンジモデルということで、5Gスマホを試してみたい方、気になっている方は是非参考にしてください。
気になるカメラは、4800万画素のメインカメラに800万画素の超広角と200万画素の広角レンズと深度センサーを搭載した四眼レンズなので、撮影の幅もぐっと広がります。マクロカメラを搭載したことで、細かい部分まではっきりと綺麗な撮影ができます。例えば、グレープフルーツのような細かい粒のあるフルーツもその一つ一つの形をはっきりと映し出してくれます。植物や動物、自然のものなど様々な被写体を綺麗に撮影できるvivo Z6 5G、是非手に取って試してみてください。
また動画撮影をしたり、スマホでゲームをされる方にも快適に使える5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。これだけのバッテリーが備わっていれば、一日中使っても問題ありません。また万が一何かあった場合にも、44Wの急速充電も可能なのでわずか35分の充電で0%から70%まで充電できるので安心です。出張など外出先でスマホを使う機会が多い方、なるべく充電する時間を短縮したい方にもおすすめです。
そして画面には、右上にカメラが搭載されたパンチホールディスプレイとなっています。画面いっぱいに広がる大画面で映像を楽しめるので、見やすく快適に使えます。なるべく文字を大きくして見たい方や、できるだけ大きな画面で映像を楽しみたい方におすすめのスマートフォンです。
でも5Gスマホは速度が速い分本体価格も高いのでは、と心配している方も多いと思います。こちらvivo Z6 5Gは、メモリーが6GBでストレージが128GBのものが日本円で約3万4700円、メモリー8GBストレージ128GBのモデルは3万9200円なので、非常に格安です。他の5G対応スマートフォンは安くても5万円前後、という価格設定になっているので初めての方でもお試ししやすい価格設定になっています。5Gスマホを試してみたいけど価格が気になって挑戦できずにいるという皆さん、是非この機会に検討してみてください。
android10を搭載、四眼カメラ付き、指紋認証機能にも対応した話題の5Gスマートフォンをご紹介しました。カラーもシンプルなシルバーとオーロラブラック、VIVOらしいアイスエイジカラーがとってもおしゃれなデザインにも注目です。高速通信5Gスマホでこの価格、このスペックなら文句なしでしょう。是非一つの候補として考えてみてはいかがでしょうか。”

— Read the article in full

Recent articles

GalaxyS10のデュアルアパチャー機能が凄い!

今回、2019年冬モデルとして登場したGalaxyS10のデュアルアパチャー機能すごいと話題になっています。この「デュアルアパチャー」機能とは、まるで人間の瞳にように光の量に合わせて瞬時に適応する機能です。明るさを検知して自動でF値を測定するので、写真を撮りたいと思った時の瞬間を逃しません。また昼間でも夜でも明るい場所や暗い場所を問わず綺麗に撮影ができるので、五つのカメラを使って様々な撮影を楽しみたい方におすすめです。暗闇の中でも光を引き出してくれるS10は、今までにない撮影を楽しむことができます。特に暗い場所で撮影した時に、白光が気になるという方も多かったのですがそういったこともなく自由自在に綺麗に撮影できるという点は嬉しいですね。また五つのうち3台のカメラはワイド以上にワイドになったウルトラワイドカメラになっています。「望遠」「広角」「超広角」の3つのレンズが肉眼以上のパワフルさを放っています。是非、一度手にとってお試しください。

galaxy S11の発売日は?

新しいスマホに買い替えを検討されている皆さんどんなスマホにするか決めましたか。実は今、新しいgalaxyシリーズ「S11」に注目が集まっています。これまでにないハイスペックなスマホになるだろうと予想されており、正式な発表があるのを今か今かと待っている方も多いです。まだ正式な発売日の発表は行われていませんが、今のところ例年通りに進めば2020年3月6日頃になるだろうと予想されています。Samsungは、フラグシップモデルの発表を毎年2月か3月にイベントを開催しているので、発表があるとすればそのあたりだろうと言われています。どんなS11が公表されるのか、今から楽しみですね。ちなみにgalaxyS10の本体価格は、9ドル(10万円以上)なのでS11も同じくらいの価格だろうと言われています。多少高くても最新の機能を搭載したスマホを使いたい、スマホにはお金をかけたいという方も多いと思います。そんな皆さんは、是非今から公式HPをチェックしていつ正式な発表があるかチェックしてみてくださいね。

arrows JとUの違いは?

新しいスマホに買い替える予定のある方、これからarrowsシリーズを検討している方に「arrowsJ」と「arrowsU」の違いをご紹介したいと思います。Arrowsシリーズをお使いの方は、最近発売されたarrowsJがどんなスマホなのか気になっている方も多いと思います。既に2019年6月に発売されているarrowsUとは、一体どんな点が違うのかみていきましょう。まず大きな違いは、発売されているお店が違うという点ですね。arrowsJは、ジャパネットたかたから発売されたワイモバイル向けのスマートフォンです。2019年6月に発売されたarrowsUは、ソフトバンクから発売されています。ちなみにJとほぼ同時期に発売されたのが、楽天モバイルかた登場したSIMフリーモデルの「arrowsRX」があります。どれも、スペックの差はほとんどなく、サイズ感も似ています。ただしJは、見やすさ・使いやすさにこだわってデザインされており電話やダイヤルといったボタンの表示がより分かりやすく大きくなっている点が特徴です。

OPPO RENOAはどこで買える?

新しいスマホを購入したいと思って、いざ店舗に行っても欲しい機種がなかったら残念ですよね。今回は、そうならいようにどこの量販店に行けば、OPPOのRENOAを購入することができるのか、みていきたいと思います。ちなみにRENOAを取り扱っている各社は、、Iijimioを始めとするエキサイトモバイル、エックスモバイル、LINEモバイル、楽天モバイル、Fiimo、NifMo、そしてLinks Mate、goo Simsellerとなります。いつもお使いのところで、取り扱いがあるか確認しておくとスムーズですね。また量販店では、エディオンやヨドバシカメラ、ヤマダ電機で取り扱っています。お近くの家電量販店で購入したい方は、同じ店舗でも取り扱いがない場合もあるので、一度電話などで事前確認をしておくことをお勧めします。欲しいなと思った時に、デザインやカラーも揃っていると嬉しいですよね。是非、一度確認してから購入してくださいね。スマホ充電

Libero S10のスペックとは?

2019年秋冬モデルとしてワイモバイルから発売された「Libero S10」のスペックについてみていきましょう。直売サイトの販売価格は28,800円となっていますが、新規申し込みの方なら1万円で購入できるスマホとなっていますが、使いやすさが気になりますよね。気になるsnapdragonは450を搭載、RAMは3GB、内部ストレージは32GB、外部ストレージも最大で512GBのmicroSDカードに対応するので普段使いとして使う分には、問題ないスペックです。また本体価格をこれだけ抑えていてもバッテリー容量は3100mAhと十分な容量をとなっています。そこまで小まめに充電する必要もないので、コスパ重視で選びたい方にはお勧めのスマホです。また万が一の時にも安心して使える防水・防塵加工にも対応しています。他社のスマホを見てみると、価格を抑えると防水加工が施されていないものも多くある中でしっかりとした加工が施されたLibero S10は非常にお得なスマホだと言えるますね。

arrows Jのはっきりボイスとは?

普段から電話をよく利用される方、メールでやりとりするよりも直接電話をかけた方が早いし連絡をとりやすいという方も多いと思います。特に年配の方は、どうしてもスマホでのやりとりに苦戦してしまう方が多いです。そこでarrowsJは、電話をより快適に使えるように「はっきりボイス」や「ゆっくりボイス」といった音にこだわったデザインを採用しています。例えば、外出先で騒音が気になる場所で電話をしても声を聞き取りやすくしてくれる「はっきりボイス」や、早口の相手でもゆっくりはっきり聞こえるようにスピードを落として聞こえるようにしてくれる「ゆっくりボイス」という機能を搭載しています。またうるさい場所で電話をしても、相手にはっきり声を届けてくれる「スーパーダブルマイク」を搭載しているので安心して会話を楽しむことができます。家で電話をするよりも、外出先で電話を使うことが多いという方はこのような機能が搭載されていると、毎日の電話も快適に使うことができます。

HUAWEI nova 5Tはプロ級カメラ!

HUAWEI nova 5Tには、最新のAIによる4眼カメラが搭載されているので、初心者でも簡単に魅力的な写真を撮ることができます。その秘訣は、メインカメラをはじめとする「超広角」「深度測定」「マクロ」の四つのカメラが搭載されているからです。このカメラが搭載されていることにより、次世代レベルのビデオ撮影も可能になりました。旅行先で見た美しい景色や、息をのむような接写まで色鮮やかで鮮明な写真や動画を楽しむことができます。また夜景も綺麗に撮れる1/2インチセンサーと4,800万画素のメインカメラによって、細かい部分まで鮮明に撮ることができるので毎日の撮影が楽しくなること間違いなしです。また撮りたいと思った時の決定的瞬間を逃さない点も、HUAWEI nova 5Tの魅力です。超広角カメラが搭載されているので、美しい景色も見たまま、そのままの美しさで撮ることができます。写真を撮るのが好きな方、SNSにアップしたい方は是非検討してみてくださいね。

UQモバイルでA52020を購入!価格は?

スマホの価格は、どのお店で購入するかによって本体価格が変わってきます。ネットで購入すると店舗よりも安く済みますが、手続きを全部自分でしないといけないので初心者の方は最初は面倒に感じるかもしれません。そういった意味で時間がかかっても店舗で購入したいという方に、今回はUQモバイルでOPPOのA5 2020を購入した場合の本体価格と分割で払う場合の、価格を見ていきたいと思います。まず本体価格は、31,680円となっています。一括で払えれば、月々の本体価格の支払いはなくなるので安くなりますが、分割して支払う場合には24回払いと36回払いのどちらかを選ぶことができます。二年払いの24回なら、月々のお支払いは1320円、三年かけて36回で支払う場合の月々の支払いは860円となります。毎月の支払金額を少しでも安く済ませたい方は、三年払いがおすすめです。ただし、三年間はA5 2020を使うことになるのでその点も合わせて検討してみましょう。

AQUOS zero2はゲームも快適!

スマホでゲームを楽しむゲームユーザには、大きくわけて「ライト層」「エンジョイ層」「ガチ層」の三つの方がいると言われています。ライト層とは、パズルなどの簡単なゲームをする方で、ガチ層は一日に何時間もスマホでゲームをするという方、エンジョイ層はその中間という位置になります。今ではライト層からエンジョイ層になる方が増えており、そうしたエンジョイ層に向けたスマホ開発が重要になってきています。AQUOSzero2は、軽くてハイスペック、シンプルなデザインなので普段はゲームはあまりしない、という方も気軽に楽しめるスマホになっています。ガチ層にあると、ゴツいデザインでもスペックがしっかりしていれば、選ぶ方も多いのですが、そこまでスペックは求めていないという方であれば、シンプルで使いやすいデザインを選ぶので、どんな方に向けたスマホを目指せばいいのか?そういった点からもデザインや性能を工夫して作られていると言えます。

pixel4の新色とは?

2019年の秋に発売予定となっている「pixel4」について、アメリカのGoogleが看板広告という形で新色を発表しています。Pixel4の新色は「コーラル」(オレンジ)だそうです。発色の良いオレンジというよりは、少し落ち着いた感じのコーラルカラーで大人な印象があります。まだ正式な発表はありませんが、今現在出ているリーク動画によると、pixel4のカラーはこのコーラルオレンジを含め、白と黒の三色になるだろうと予想されています。やっぱり新しいpixelシリーズを購入するなら、新色が良い、デザインやカラーにこだわって選びたいという方におすすめです。オレンジというと、どうしても明るく過ぎるイメージがある方も多いかもしれませんが、今回広告看板に出ているコーラルオレンジは、そこまで発色の良いカラーではないので男女共に楽しめる色ではないでしょうか。実際には、まだ店舗に並んでいるわけではないので、発表があれば是非確認してみましょう。