AQUOS zero2 SH-M13をお得に購入する方法!

“2020年1月30日に発売された、AQUOS zero2 SH-M13をお得に購入する方法をご紹介致します。ドコモオンラインショップでの端末価格は、8万7,912円となっているスマホの中でもハイスペックでかなり高価なスマートフォンが、今ならオプション加入でお得に購入することができます。国産メーカーが人気のスマートフォン、AQUOSシリーズは今も大人気商品で注目されています。これからスマホの買い替えを検討されている方や、AQUOSシリーズがお得に変えるなら、機種変更をしたいという方にもおすすめの方法をご紹介したいと思います。AQUOS zero2を購入したかったけど、本体代が高すぎて諦めたという方もこの機会に是非検討してみてください。
ちなみにAQUOS zero2とはどんなスマートフォンなのか、スペックについて簡単にご紹介します。チップセットは、クアルコム製のsnapdragon855を搭載、画面サイズは6.4インチと大画面でバッテリー容量は3130mAhとなっています。防水防塵加工にも対応しており、生体認証も顔認証と指紋認証の二つから選べます。アウトカメラも1220万画素と2010万画素の二つのレンズを搭載、インカメラも800万画素あるので十分なスペックを備えたスマートフォンです。おサイフケータイにも対応しているので、普段からスマホで決済をされている方にもおすすめです。そんなAQUOS zero2の最大の魅力は、世界最軽量といわれる141gという軽さにあります。これだけのスペックを備えたスマートフォンで、141gに抑えてあるスマートフォンは他にはありません。基本的にハイスペックなスマートフォンになればなるほど、本体重量はどうしても重たくなってしまいます。そうなると、片手で操作するのが難しかったり、持ち運ぶ時にどうしても不便を感じている方も多いと思いますが、AQUOS zero2なら世界最軽量なので、使いやすく持ち運びにも便利です。
そんなAQUOSシリーズが2020年4月1日までの限定で、発売記念特化として59,800円で購入することができます。更にMNPであれば、そこから更に5000円割引になるので非常にお得です。また「あんしんモバイルパック」に加入すると、3000円オフとなります。もしこの期間を過ぎてしまっても、オプション加入でお得に購入できるので是非活用してみてください。気になる方は、店頭のスタッフさんに相談してみるといいですね。
ただし、この価格で購入できるのはMVNOサービスの「OCN モバイル ONE」での大特価価格になるので注意してください。
是非、新しいスマホに買い替えを検討されている方、AQUOSシリーズがお好きな方はこの期間を是非お見逃しなく。”

— Read the article in full

Recent articles

OPPO RENOAはどこで買える?

新しいスマホを購入したいと思って、いざ店舗に行っても欲しい機種がなかったら残念ですよね。今回は、そうならいようにどこの量販店に行けば、OPPOのRENOAを購入することができるのか、みていきたいと思います。ちなみにRENOAを取り扱っている各社は、、Iijimioを始めとするエキサイトモバイル、エックスモバイル、LINEモバイル、楽天モバイル、Fiimo、NifMo、そしてLinks Mate、goo Simsellerとなります。いつもお使いのところで、取り扱いがあるか確認しておくとスムーズですね。また量販店では、エディオンやヨドバシカメラ、ヤマダ電機で取り扱っています。お近くの家電量販店で購入したい方は、同じ店舗でも取り扱いがない場合もあるので、一度電話などで事前確認をしておくことをお勧めします。欲しいなと思った時に、デザインやカラーも揃っていると嬉しいですよね。是非、一度確認してから購入してくださいね。スマホ充電

Libero S10のスペックとは?

2019年秋冬モデルとしてワイモバイルから発売された「Libero S10」のスペックについてみていきましょう。直売サイトの販売価格は28,800円となっていますが、新規申し込みの方なら1万円で購入できるスマホとなっていますが、使いやすさが気になりますよね。気になるsnapdragonは450を搭載、RAMは3GB、内部ストレージは32GB、外部ストレージも最大で512GBのmicroSDカードに対応するので普段使いとして使う分には、問題ないスペックです。また本体価格をこれだけ抑えていてもバッテリー容量は3100mAhと十分な容量をとなっています。そこまで小まめに充電する必要もないので、コスパ重視で選びたい方にはお勧めのスマホです。また万が一の時にも安心して使える防水・防塵加工にも対応しています。他社のスマホを見てみると、価格を抑えると防水加工が施されていないものも多くある中でしっかりとした加工が施されたLibero S10は非常にお得なスマホだと言えるますね。

arrows Jのはっきりボイスとは?

普段から電話をよく利用される方、メールでやりとりするよりも直接電話をかけた方が早いし連絡をとりやすいという方も多いと思います。特に年配の方は、どうしてもスマホでのやりとりに苦戦してしまう方が多いです。そこでarrowsJは、電話をより快適に使えるように「はっきりボイス」や「ゆっくりボイス」といった音にこだわったデザインを採用しています。例えば、外出先で騒音が気になる場所で電話をしても声を聞き取りやすくしてくれる「はっきりボイス」や、早口の相手でもゆっくりはっきり聞こえるようにスピードを落として聞こえるようにしてくれる「ゆっくりボイス」という機能を搭載しています。またうるさい場所で電話をしても、相手にはっきり声を届けてくれる「スーパーダブルマイク」を搭載しているので安心して会話を楽しむことができます。家で電話をするよりも、外出先で電話を使うことが多いという方はこのような機能が搭載されていると、毎日の電話も快適に使うことができます。

HUAWEI nova 5Tはプロ級カメラ!

HUAWEI nova 5Tには、最新のAIによる4眼カメラが搭載されているので、初心者でも簡単に魅力的な写真を撮ることができます。その秘訣は、メインカメラをはじめとする「超広角」「深度測定」「マクロ」の四つのカメラが搭載されているからです。このカメラが搭載されていることにより、次世代レベルのビデオ撮影も可能になりました。旅行先で見た美しい景色や、息をのむような接写まで色鮮やかで鮮明な写真や動画を楽しむことができます。また夜景も綺麗に撮れる1/2インチセンサーと4,800万画素のメインカメラによって、細かい部分まで鮮明に撮ることができるので毎日の撮影が楽しくなること間違いなしです。また撮りたいと思った時の決定的瞬間を逃さない点も、HUAWEI nova 5Tの魅力です。超広角カメラが搭載されているので、美しい景色も見たまま、そのままの美しさで撮ることができます。写真を撮るのが好きな方、SNSにアップしたい方は是非検討してみてくださいね。

UQモバイルでA52020を購入!価格は?

スマホの価格は、どのお店で購入するかによって本体価格が変わってきます。ネットで購入すると店舗よりも安く済みますが、手続きを全部自分でしないといけないので初心者の方は最初は面倒に感じるかもしれません。そういった意味で時間がかかっても店舗で購入したいという方に、今回はUQモバイルでOPPOのA5 2020を購入した場合の本体価格と分割で払う場合の、価格を見ていきたいと思います。まず本体価格は、31,680円となっています。一括で払えれば、月々の本体価格の支払いはなくなるので安くなりますが、分割して支払う場合には24回払いと36回払いのどちらかを選ぶことができます。二年払いの24回なら、月々のお支払いは1320円、三年かけて36回で支払う場合の月々の支払いは860円となります。毎月の支払金額を少しでも安く済ませたい方は、三年払いがおすすめです。ただし、三年間はA5 2020を使うことになるのでその点も合わせて検討してみましょう。

AQUOS zero2はゲームも快適!

スマホでゲームを楽しむゲームユーザには、大きくわけて「ライト層」「エンジョイ層」「ガチ層」の三つの方がいると言われています。ライト層とは、パズルなどの簡単なゲームをする方で、ガチ層は一日に何時間もスマホでゲームをするという方、エンジョイ層はその中間という位置になります。今ではライト層からエンジョイ層になる方が増えており、そうしたエンジョイ層に向けたスマホ開発が重要になってきています。AQUOSzero2は、軽くてハイスペック、シンプルなデザインなので普段はゲームはあまりしない、という方も気軽に楽しめるスマホになっています。ガチ層にあると、ゴツいデザインでもスペックがしっかりしていれば、選ぶ方も多いのですが、そこまでスペックは求めていないという方であれば、シンプルで使いやすいデザインを選ぶので、どんな方に向けたスマホを目指せばいいのか?そういった点からもデザインや性能を工夫して作られていると言えます。

pixel4の新色とは?

2019年の秋に発売予定となっている「pixel4」について、アメリカのGoogleが看板広告という形で新色を発表しています。Pixel4の新色は「コーラル」(オレンジ)だそうです。発色の良いオレンジというよりは、少し落ち着いた感じのコーラルカラーで大人な印象があります。まだ正式な発表はありませんが、今現在出ているリーク動画によると、pixel4のカラーはこのコーラルオレンジを含め、白と黒の三色になるだろうと予想されています。やっぱり新しいpixelシリーズを購入するなら、新色が良い、デザインやカラーにこだわって選びたいという方におすすめです。オレンジというと、どうしても明るく過ぎるイメージがある方も多いかもしれませんが、今回広告看板に出ているコーラルオレンジは、そこまで発色の良いカラーではないので男女共に楽しめる色ではないでしょうか。実際には、まだ店舗に並んでいるわけではないので、発表があれば是非確認してみましょう。

Xperia8はデザインがおしゃれ!

そしてなんといってもXperia8は、ミドルレンジモデルながらもデザインがとてもオシャレです。全体的な丸みを抑えた四角いデザインは、Xperiaシリーズならではと言えるでしょう。フロントとバックに高感度ガラスが仕様され、フレームはメタルと樹脂で仕上げたシンプルでおしゃれなデザインです。フレームにしてあるので、角が割れにくいといった特徴もあります。21:9というワイドディスプレイでもこんなにコンパクトなのだなとびっくりする方も多いかもしれません。一度、店頭で触ってみてもいいですね。見た目の高級感もXperiaシリーズならではで非常にオシャレです。使いやすさも大事だけど、やっぱり毎日使うものだから見た目のデザインも重視して選びたいという皆さん、是非参考にしてみてください。カラーは全部で四種類、ブラック・ホワイト・ブルー・オレンジとなっています。どれも明るく洗練された印象で目を惹くデザインになっています。

BASIO4のスペックは?

京セラから2020年冬モデルとして発売予定の「BASIO4」についてみていきたいと思います。ちなみに前モデルであるBASIO3は、2019年2月に発売されており、今回のBASIO4は、2020年の冬に発売となりそうです。BASIOシリーズは、国内メーカーの京セラが製造するスマートフォンで、主に65歳以上のシニア層を対象につくられた「かんたん携帯」のスマホバージョンになっています。BASIO3では、snapdragon430を搭載、ディスプレイは約5.0インチで重さ約150g、バッテリーは2,940mAhとなっていました。BASIO4では、まだ新しい情報が出ていませんが本体の重さは約160g、バッテリー容量は3,300mAhとなっており、BASIO3と比較するとかなり電池持ちも期待できそうです。ただし、本体の重さが10gほど重くなっているので、重さにこだわりたい方や持ちやすさにこだわりたい方は、一度手に取って使いやすさを確認してみた方がいいかもしれません。

AQUOS R3の発熱はどうなの?

スマホを長時間使っていると気になるのが、「発熱」です。やっぱり手に持って使うことが多い方は、発熱は気になりますよね。AQUOS R3は、snapdragon855という高性能なCPUを搭載しているため、普段使いする分には発熱はそれほど気になりません。ただし、PUBGなどのスマホ本体に負荷がかかるようなゲームをすると、若干発熱してきます。前モデルAQUOS R2から、更に進化した放熱と唄っているだけに期待していた方は、少しがっかりするかもしれません。そこまで気にならないレベルではありますが、やっぱり若干の発熱はあります。完璧を求める方には、おすすめできませんが、ちょっとくらいの発熱なら気にならないという方には十分なスペックを備えていると言えるでしょう。どうしても本体が発熱してしまうと、たまにクロックダウンしてしまうこともあるのでヘビーユーザーの方は注意した方が安心ですね。普通のゲームでしたら、そこまで発熱はしないのであまり気にしないで大丈夫です。