ゲーミングスマホ選びで余裕がある場合はチェックしたほうがよい項目

“ゲーミングスマホ選びといっても、CPUなどの処理性能だけでなく、次のような要素も見ていると、より高品質なゲーミングスマホを選べるようになります。
まず、音ゲーなど音質にこだわっているのであれば、「サウンド機能」をチェックするようにしましょう。ちなみに、サウンド機能にこだわりのないゲーミングスマホの場合、サウンド機能の項目に機能名などがあまり記載されていません。
具体的には、「ハイレゾ音源対応イヤホンが付属している、**chサラウンドシステム搭載」といった、このような音源に対するオプションが多く載っているものほど、音ゲーなどとも相性の良いゲーミングスマホとなります。
このような機能ありの場合、「音が立体により近い形で出力される」ようになるのです。音ゲーの場合、このようなサラウンドシステム対応と案内されているものもあり、サラウンドシステムが無しの場合は迫力があまり伝わってこないゲームも少なくありません。
次に、「ゲームプレイをアシストする機能の有無」をチェックしてみましょう。有名なアシスト機能では、「ゲームプレイ中にプレイ動画を録画できる機能」、「ゲームプレイ中に動作が重くなるのを未然に防ぐ機能」などが有名です。ゲーミングスマホの中には、LINEなど「SNSからの通知を控えめに表示する機能」までありますので、一般的なスマートフォンよりもゲーミングスマホのほうが、圧倒的にゲームプレイ中の操作性は高いです。
そして、最後にゲーミングスマホのバッテリー容量をチェックしましょう。安いゲーミングスマホを選んでしまうとバッテリー容量でミスをすることが多く、ひどいケースではバッテリーの充電にかかる時間が、従来の倍以上・・・という悲惨なケースもあります。
バッテリー容量の目安ですが、ゲーミングスマホであれば「3000mAh以上はほしい」ところです。モバイルバッテリーありでゲームプレイすることが多い場合は、「急速充電対応、独自の充電方式を採用している」かもチェックしておきましょう。このようなシステムを導入しているメーカーでは、充電時間が短いだけでなく、省エネルギー化も目指していることが多いため、ゲーミングスマホの負担が格段に減ることも少なくありません。
ゲーミングスマホの価格についてですが、最新ゲームをプレイするつもりではないのであれば、HUAWEI、OPPO、docomo(Xperiaシリーズ)、Samsungが提供しているミドルレンジモデルで、処理性能が高いものを選ぶのも手です。というのも、高いものでも5万円を切る良質なものが増えてきていること、そして今では、ミドルレンジモデルの販売競争が過熱化していることもあり、「1万円、もしくは2万円の値引きキャンペーンあり」のスマートフォンが増えてきたからです。
ただし、このようなリーズナブルなゲーミングスマホを選ぶ場合は、「自分がプレイしたいゲームが動作するかをチェックしてから購入する」ようにしましょう。ミドルレンジモデルの中には、RAM、もしくはグラフィック処理に問題を抱えていることもあるので、こちらも確認した上で購入したほうが無難です。”東京オリンピックコロナの中無地に行われますように。Samsung Galaxy Gold Partner of the Tokyo 2020 Olympics

— Read the article in full

Recent articles

四眼レンズ搭載!3.5万のvivo Z6 5Gとは

“SOCにsnapdragon765Gを搭載し、4眼レンズを備えた3.5万円の5Gスマホ「vivo Z6 5G」が話題になっています。四眼レンズ搭載のミッドレンジモデルということで、5Gスマホを試してみたい方、気になっている方は是非参考にしてください。
気になるカメラは、4800万画素のメインカメラに800万画素の超広角と200万画素の広角レンズと深度センサーを搭載した四眼レンズなので、撮影の幅もぐっと広がります。マクロカメラを搭載したことで、細かい部分まではっきりと綺麗な撮影ができます。例えば、グレープフルーツのような細かい粒のあるフルーツもその一つ一つの形をはっきりと映し出してくれます。植物や動物、自然のものなど様々な被写体を綺麗に撮影できるvivo Z6 5G、是非手に取って試してみてください。
また動画撮影をしたり、スマホでゲームをされる方にも快適に使える5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。これだけのバッテリーが備わっていれば、一日中使っても問題ありません。また万が一何かあった場合にも、44Wの急速充電も可能なのでわずか35分の充電で0%から70%まで充電できるので安心です。出張など外出先でスマホを使う機会が多い方、なるべく充電する時間を短縮したい方にもおすすめです。
そして画面には、右上にカメラが搭載されたパンチホールディスプレイとなっています。画面いっぱいに広がる大画面で映像を楽しめるので、見やすく快適に使えます。なるべく文字を大きくして見たい方や、できるだけ大きな画面で映像を楽しみたい方におすすめのスマートフォンです。
でも5Gスマホは速度が速い分本体価格も高いのでは、と心配している方も多いと思います。こちらvivo Z6 5Gは、メモリーが6GBでストレージが128GBのものが日本円で約3万4700円、メモリー8GBストレージ128GBのモデルは3万9200円なので、非常に格安です。他の5G対応スマートフォンは安くても5万円前後、という価格設定になっているので初めての方でもお試ししやすい価格設定になっています。5Gスマホを試してみたいけど価格が気になって挑戦できずにいるという皆さん、是非この機会に検討してみてください。
android10を搭載、四眼カメラ付き、指紋認証機能にも対応した話題の5Gスマートフォンをご紹介しました。カラーもシンプルなシルバーとオーロラブラック、VIVOらしいアイスエイジカラーがとってもおしゃれなデザインにも注目です。高速通信5Gスマホでこの価格、このスペックなら文句なしでしょう。是非一つの候補として考えてみてはいかがでしょうか。”

Xperia 10 IIとは?

“最近のスマートフォンはどうしても、画面が大きくて持ちにくいとお悩みの方に、今回はSONYの最新スマートフォン「Xperia10Ⅱ」(エクスペリアテンマークツー)をご紹介したいと思います。
今回、発表されたXperia10Ⅱは横幅およそ69mm、とコンパクトで片手でも操作しやすい6.0インチの有機ELディスプレイを搭載しています。またフロント画面とリアカメラにgorillaガラス6を採用しているので、割れにくくアウトドアでも安心して使うことができます。更に防水防塵にも対応しているので、急な雨でも安心です。更に6.0インチと最近のスマートフォンでは、小型スマートフォンではありますが21:9のワイドディスプレイとなっているので、臨場感あふれる色彩豊かな美しい映像を思い切り楽しむことができます。
また縦長ディスプレイだからこそ楽しめる、「ながら使い」がとても便利です。ながら使いとは、例えば動画を見ながら、SNSでメッセージを送ったり、二つのアプリを同時に開きながら使えるマルチウィンドウに対応しています。アプリケーションの入れ替えが今までよりも更に簡単に使いやすくなっているので、初心者の方でもスムーズに使える点が魅力です。
そんなXperia10ⅡのCPUはsnapdragon655を搭載しているので、普段使いとして使う分には十分なスペックと言えますね。
更にカメラは800万、1200万、800万画素のトリプルレンズを搭載、本体背面に縦に並んだデザインがシンプルでおしゃれです。美味しそうな料理はもちろん、人物の肌や質感を忠実に再現した美しい撮影が可能です。また夜景も美しく撮れる「ナイトモード」搭載なので、これまで以上に撮影の幅が広がること間違いなしです。
またバッテリーは、3650mAhで電池の寿命を長持ちさせてくれる「スタミナモード」搭載のバッテリーを採用しています。充電する時にかかる負荷をなるべく軽減してくれる「いたわり充電」機能搭載なので、長く安心して使えます。スマホを新しくしたら、しばらくは大切に使いたい方、長く使えるスマートフォンをお探しの方にもおすすめです。
そして普段からおサイフケータイを使っている方もそのまま使えるので快適に使えます。
前回のXperia10は、電池容量も少なく、防水防塵機能が搭載されていなかったのですが、今回Xperia10Ⅱではこうした弱点が改良され、より使いやすいものになっているのでとてもおすすめです。
発売は2020年5月末ということなので、気になっている方は是非公式HPをチェックしておきましょう。”

moto g8 / g8 powerはココがポイント!

“今回発表されたモトローラの最新スマホ、「moto g8」と「moto g8 power」についておすすめのポイントをいくつかご紹介致します。モトローラのスマホは気になっているけど、どんなスマホか分からない、海外スマホってどうなの?と疑問に思っている方にも参考にして頂けたらと思います。
モトローラは、アメリカのスマホメーカーです。日本ではまだまだ知らない方も多いメーカーですが、トレンドを抑えたデザインと使いやすい機能性が魅力のスマートフォンです。更に海外メーカーでありながら、本体価格は2万台とコストパフォーマンスにも優れています。
特にmoto g8は、一度の充電で40時間充電が持つので忙しくなかなか充電できない方も安心して使えます。また外出先で充電する時にも便利な急速充電にも対応しています。本体に同梱された充電チャージャー10Wを使えば、短時間で充電可能です。本体カラーは、シンプルなノイエブルーとパールホワイトの二色がラインナップされています。OSはandroid10を搭載、内部ストレージは64GB、その他バッテリーは4000mAh搭載なので十分な容量を備えています。重さも188gと軽量なので、持ち運びにも便利です。外出先や出張先で使いたい方、メインではなくサブとしてバッテリー持ちの良いスマホをお探しの方にもおすすめです。
また購入してから万が一、不具合があった場合や故障してしまった場合には、購入日より一年間の国内保証がついているので安心して使えます。海外スマホだと何があるか分からなくて、購入を迷っているという方にもおすすめです。本体価格は、2万5800円と格安です。
そしてmoto g8 powerですが、こちらはmoto g8よりも更にバージョンアップしたスマートフォンで5000mAhを搭載、充電しなくても2日間は持ちます。付属の18Wチャージャーで充電することができます。こちらは、本体価格3万2800円となっています。5000mAhのバッテリーが搭載されていてこのお値段なら文句なしですね。
また「moto g8」と「moto g8 power」には、それぞれ指紋認証機能が搭載されています。セキュリティーもしっかりしているので、安心して使える点も魅力です。価格の安さだけでなく、日本人が使いやすい機能を搭載しているスマートフォンです。実際に2019年には2018年の売上台数の二倍以上を記録しており、2020年も注目が集まっているスマートフォンの一つです。是非、この機会にモトローラの最新スマホを検討してみてはいかがでしょうか。”詳しくはこちら

AQUOS zero2 SH-M13をお得に購入する方法!

“2020年1月30日に発売された、AQUOS zero2 SH-M13をお得に購入する方法をご紹介致します。ドコモオンラインショップでの端末価格は、8万7,912円となっているスマホの中でもハイスペックでかなり高価なスマートフォンが、今ならオプション加入でお得に購入することができます。国産メーカーが人気のスマートフォン、AQUOSシリーズは今も大人気商品で注目されています。これからスマホの買い替えを検討されている方や、AQUOSシリーズがお得に変えるなら、機種変更をしたいという方にもおすすめの方法をご紹介したいと思います。AQUOS zero2を購入したかったけど、本体代が高すぎて諦めたという方もこの機会に是非検討してみてください。
ちなみにAQUOS zero2とはどんなスマートフォンなのか、スペックについて簡単にご紹介します。チップセットは、クアルコム製のsnapdragon855を搭載、画面サイズは6.4インチと大画面でバッテリー容量は3130mAhとなっています。防水防塵加工にも対応しており、生体認証も顔認証と指紋認証の二つから選べます。アウトカメラも1220万画素と2010万画素の二つのレンズを搭載、インカメラも800万画素あるので十分なスペックを備えたスマートフォンです。おサイフケータイにも対応しているので、普段からスマホで決済をされている方にもおすすめです。そんなAQUOS zero2の最大の魅力は、世界最軽量といわれる141gという軽さにあります。これだけのスペックを備えたスマートフォンで、141gに抑えてあるスマートフォンは他にはありません。基本的にハイスペックなスマートフォンになればなるほど、本体重量はどうしても重たくなってしまいます。そうなると、片手で操作するのが難しかったり、持ち運ぶ時にどうしても不便を感じている方も多いと思いますが、AQUOS zero2なら世界最軽量なので、使いやすく持ち運びにも便利です。
そんなAQUOSシリーズが2020年4月1日までの限定で、発売記念特化として59,800円で購入することができます。更にMNPであれば、そこから更に5000円割引になるので非常にお得です。また「あんしんモバイルパック」に加入すると、3000円オフとなります。もしこの期間を過ぎてしまっても、オプション加入でお得に購入できるので是非活用してみてください。気になる方は、店頭のスタッフさんに相談してみるといいですね。
ただし、この価格で購入できるのはMVNOサービスの「OCN モバイル ONE」での大特価価格になるので注意してください。
是非、新しいスマホに買い替えを検討されている方、AQUOSシリーズがお好きな方はこの期間を是非お見逃しなく。”

Galaxy Zflipをお得に購入する方法!

Galaxyの最新折り畳みスマートフォン「Zflip」を5万円以上お得に購入する方法があります。それは、auが実施しているお得なキャンペーン「かえトクキャンペーン」です。このキャンペーンは、頭金0円で分割支払いを23回で組み、契約してから25ヵ月目までに新しい機種に変更し、本体をauに返せば残りの5万円ほどの残高が免除になる、というお得なキャンペーンです。実際、本体代を一括で購入するとなると18万円かかりますが、2年使った後は新しい機種に乗り換えを検討している方には非常にお得でおすすめです。またスマホは2年で乗り換えることが多い方、最新機種を楽しみたい方も是非参考にしてみてください。試してみたいけど、本体代が高くて諦めていたという方は「かえトクキャンペーン」を上手に活用してみてはいかがでしょうか。ただし、注意点としては本体をなるべく綺麗に使うこと、事前に査定条件を確認しておく必要があります。契約する前にいくつか確認事項があるので気を付けて下さいね。

Android One S6の付属品は?

GoogleのAndroid One S6を購入したいなと考えている皆さんは、是非どんな付属品があるのかしっかり確認しておきましょう。特にガラケーからスマホに乗り換える方は、本体を購入してから充電器がなかった、ということがないように事前に確認しておくことが大切です。ちなみにAndroid One S6には、スマホ本体の他に取扱説明書と注意書きの二点が付いています。充電器は付属しません。なので本体を購入する時に別途で購入しなければなりません。お店で購入する場合は、スタッフさんが教えてくれることもありますが、ネットで購入する場合は自分で注文しないといけないので注意しましょう。せめて充電器ぐらいは、つけておいてくれるといいのですがandroid one S6には、本体と説明書だけなので皆さんはしっかり準備して購入するようにしましょう。充電器はtype-Cなのでもともとスマホをお使いの方はそのまま使えるので安心してくださいね。

Huawei nova 6 5Gは急速充電に対応!

Huawei nova 6 5Gの特長の一つとして、30分で最大70%の急速充電ができるバッテリーが搭載されています。今までのスマホでは、ここまで短時間で70%のs充電ができるスマホはありませんでした。Huaweiの技術もかなり上がってきていることが分かります。外出先で充電する時間がない時や、短時間でしっかり充電したい場合にとても便利です。特にスマートフォンを普段の生活だけでなく、仕事でも使うという方は充電がしっかりできるものが使いやすいと思います。少しでも短い時間で十分な充電ができるもの、スペックもそれなりに高いものをお探しの方は是非検討してみてください。ちなみにディスプレイのアスペクト比は、20:9の縦長デザインとなっています。カメラもトリプルカメラで4000万画素に800万画素と800万画素を搭載しています。普段からカメラで撮影することが多い方もこれだけのスペックを備えていれば十分ですね。ハイスペックなモデルで充電時間も短いスマホをお探しの方にお勧めです。

Galaxy S20は8K動画に対応!

新たに発売されるgalaxyの最新モデル「S20」は、3シリーズともなんと8K動画に対応した機種となっています。この中でも特に注目を集めているのが、UltaとS20+にのみ1億800万画素のカメラが搭載されている点です。1億を超えるスマートフォンのスペックとは、どのようなものか想像もつかない、という方も多いかもしれません。またUltaには、今までのスマホシリーズでも過去最大のスペックともいえる最大100倍のデジタルズーム機能ですね。今までファーアウェイでも30倍の光学ズーム機能が出ていましたが、今回登場予定のUltaは更に上回る100倍ズームとなっており、桁外れのスペックであることが分かります。特にSNSに毎日写真をアップされている方、カメラの性能が高いスマホをお探しの方は必見です。ただ数字だけを見るととてつもなくハイスペックに見えますが、実際のところどれくらい綺麗に撮れるのか気になりますね。まずは正式な発表を待ってから検討してみてはいかがでしょうか。

AQUOSsense3 SH-02Mはこんな人におすすめ!

これからAQUOSsense3 SH-02Mを検討している皆さんに、オススメな点とデメリットをご紹介します。まずは電池もちが最高に良いので本体のコスパは非常に優れています。料理の写真や風景も昼間であれば、十分明るく撮ることが出来ます。ただし手ブレ修正機能が搭載されていないので、動画を撮った時にブレやすいです。綺麗な動画を撮りたい方は、あまり動かさないように注意してください。また本体自体は、持ちやすいデザインになっていますが少し重たいので、長時間使う場合には不便を感じることもあります。また操作している時の反応がワンテンポ遅いので、ストレスを感じる方もいるかもしれません。ハイスペックモデルのスマホを求めている方にはおすすめできませんが、価格もそれなりに安くて普通に使えるスマホ、バッテリー持ちがよくコスパに優れているスマホをお探しの方におすすめです。もしどうしても使い勝手が気になる方は、実際に触ってみて操作してみてくださいね。

Xperia5は「先読み機能」搭載!

Xperia5は、前モデルであるXperia1からある「先読み機能」が引き続き搭載されています。この機能は、犬や猫などのペットなど被写体の動きを事前に検知して画像を一時的に保存してくれる機能です。この機能を使うことで、子供が動き回る様子やペットが走り回る姿など、どうしてもシャッターチャンスが難しいシーンも上手に綺麗に撮ることができます。このシーンを撮りたい、と思った時に逃さずに撮れる点は嬉しいですね。また「スマートカメラ」が搭載されているので、カメラを横向きにして構えるだけでボタンを押さなくても、カメラが自動で起動します。今までは、スマホのカメラボタンを押すことで起動させたり、電源ボタンと一体になったカメラのボタンを押さないと起動しませんでしたが、向きを変えるだけで起動し、すぐに撮影に入れるスマートカメラは、非常に便利ですね。またカメラを起動するのと同時に、撮影をすることもできるので撮りたいと思った瞬間を逃しません。