microSDの種類とクラスについて

↓ skip to article

microSDには何種類かあり、クラスもいくつかにわかれている。まず、代表的なものが、microSDHCだ。これは、容量は4GB~32GBまで複数種類存在し、非常の多くのAndroidスマートフォンで使用可能だ。コストパフォーマンスに優れており、スマホ用の外部メモリとして主流となっている。microSDHCで追加可能な最大容量32GBは、音楽や写真なら軽く数千曲(数千枚)以上。フルハイビジョンの動画でも3時間以上保存可能となっている。次に、microSDXC。これは、容量は64GB以上で、最新Androidスマートフォンの多くが対応しているが、未対応・未サポートのスマホも多いので購入時は注意が必要だ。microSDXCで追加可能な容量64GBは、アプリや写真程度で足りなくなる人は稀であり、フルハイビジョンの動画でも6時間以上保存可能だ。その他microSDもある。これは容量は2GB以下。「最も安く・容量も小さいAndroidスマホ用外部メモリ」だ。最近のスマートフォンであればROM(内蔵ストレージ)でも16GB以上が主流なので、追加量としては気休め程度だが、「スマホ買い替え時」や「修理での代替機使用時」の電話帳移動などでは活躍する。マイクロSD選択の際には容量だけでなくクラスにも注目しよう。画像のmicroSDの丸で囲まれた数字「10」がクラスで、「クラス10」以外にも「クラス4」や「クラス8」の物もあり、数字が大きい方が読み書きが高速で、価格も高くなる。
スマホの電池を長持ちさせる方法

Comments (No comments)

There are no comments for this post so far.

Post a comment